【11日目】スタミナを欲し続けた1日




Pocket

車に網戸が欲しくてたまらない。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

日本一周11日目は、福島県を離れ山形県へ向かいました。

では、11日目の様子をどうぞ。

 

疲れない体を手に入れたい

 

日本一周を始めて10日経ち、少しづつ疲労を感じるようになってきました。

朝の目覚めが悪いことや、何気ない段差でつまずいたり(おじいちゃんかよ)蓄積疲労が溜まってきているのかもしれません。

ここらで、少し休息が必要な気もしてきました。

「よし、11日目はスタミナをつける1日にしよう」

ということで、今日1日はこのテーマで行動します。

 

スタミナ対策其の壱:朝ラーメン

 

まずは、朝からラーメンをお腹に入れておきます。(実は人生初の朝ラーメン)

向かったのは、坂内食堂喜多方ラーメンの超有名店です。

この地方には、朝ラーメンの文化が根付いていて、朝7時から開店しています。

早速スタミナをつけるべし。

いざ入店。スタミナ重視のため肉そばを注文します。

麺が見えないほどのチャーシューが…すごい迫力です。お値段950円なり。

チャーシューはバラ肉でとってもジューシー

麺は、太めのちぢれ麺でスープによく絡みます。お味は、あっさりしながらもコクがあって美味しい。これは、ぼくの大好きな味です。

朝からでも全然食べらました。ハマったのでまた絶対に来ます!

ごちそうさまでした。

【坂内食堂】

  • 料金:950円

 

上杉神社へ向かう

 

お次は、米沢市にある上杉神社へ向かいます。

道中でもしっかりスタミナをつけておきましょう。

スタミナ対策其の弐:レッドブル

向かう道中もドーピングを欠かしません。

力がみなぎりますね。(たぶん気のせい)

栄養補給をしながら、山道を快調に走り抜け山形県に突入しました。

ありがとう福島県。また来ます。

上杉神社へ

その名の通り、上杉氏にまつわる神社です。上杉謙信から始まる上杉氏を祀ってあります。

歴史・武将好きなら訪れて損はありません。

とくに稽照殿は、謙信公ゆかりの品や上杉氏にまつわる大変貴重なものが展示してあるので、オススメです。

駐車場(無料)に駐車し参拝します。

懸かり乱れの龍(かかりみだれのりゅう)の旗(写真左)がかっこいい。この旗は、「全軍総攻撃」を意味する旗として使用されていたようです。

社殿も、当時の趣があって素晴らしかったです。

「なせば成る」で有名な上杉鷹山公。この言葉すごく好きなんだよな…

鷹山は、元アメリカ大統領のケネディも「日本の尊敬する政治家だ」と言っていたほど、素晴らしい政治家です。

稽照殿は、撮影禁止のため載せることが出来ませんが、歴史好きには至福の時間になりました。

【上杉神社】

  • 所要時間:40分
  • 料金:400円(稽照殿入場料)

 

11城目!山形城

 

上杉神社を後にし、山形城へ向かいました。

まだ朝のラーメンがいい具合に効いています。

この調子でお城の説明もしておきます。

ざっくり説明コーナー

山形城は、山形県山形市にある平城です。

この城は、東北地方最大の城郭を持っていたほど大きな城だったそうです。

大きすぎるがゆえに江戸の後期は手入れが届かなかったそうです。

ここを本拠地としていたのが最上氏。

有名な武将は、伊達政宗のおじさんにあたる最上義光です。

最上義光は、別名「羽州の狐」とも呼ばれていました。

暗殺など卑怯な手を使ってでも領地を広げていき、最上氏最大の栄華を築きます。

悪い評判も多くありましたが、情に厚く、家臣や土地の民に慕われる名君でした。

余談ですが、鮭が大好物だったそうです。

賛否ありますが、山形城は、最上義光が築き上げた名城であることは間違いありません。

城へ向かう

駐車場(無料)へ駐車し城へ向かいます。

まずは、二の丸東大手門がお目見えします。この門はとても大きいので、山形城の巨大さが伝わってきます。

堀も深く、敵の進入を許しません。

二の丸東大手門の内側です。

最上義光公の銅像です。躍動感があり、好きな銅像の一つです。

本丸の堀です。こちらも堀が深く堅牢です。

本丸一文字門です。これだけ堅牢だと、ここまで敵が来ることは相当難しいでしょう。

100名城スタンプ設置場所

100名城スタンプは「最上義光歴史館」の受付にあります。

入館無料ながら、有志のガイダンスも利用でき、学術的に価値のある品もたくさん残っており素晴らしかったです。

特に、長谷堂城の戦いの際に、最上義光着用し、敵から受けた銃弾の痕の残る兜が印象に残りました。

11城目ゲット!

【山形城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:0円

【最上義光歴史館】

  • 料金:0円

 

リベンジマッチ!立石寺(山寺)

 

山形城の後は、立石寺(山寺)へ向かいます。

ここは、以前訪れたことがありますが、大雨でまともに観光できなかったのでリベンジしにやってきました。

立石寺は山寺と呼ばれるだけあり、山の上にあるので心して登らなければいけません。

全部で1015段の階段を登り切る戦いが始まります。

そのための朝からスタミナ摂取じゃい!

駐車場選び

まずは駐車場選びです。

山寺付近の駐車場は、安いところで300円、概ね500円程度かかります。

しかし、僕はケチりたい。とにもかくにもケチりたいのです。

なので、少し離れた山寺芭蕉記念館へ駐車します。

こちらは無料で駐車できるので、ここから歩いて目指します。

少し距離があるので、足腰に自信がないとつらいかも知れません。

山寺芭蕉記念館は、山寺の反対にあるので山の上にあるお堂の姿をしっかり見ることが出来ますよ。

いざ、山寺へ

それでは、長い戦いを始めたいと思います。

記念すべき最初の入り口です。ここから登ると全部で1070段になるそうです。

登り切ると早速本堂があります。山頂にあるのは奥之院なので、本堂にお参りだけなら登る必要はありません。

もっとも、ここまで来て登らない人もいないと思いますが…

こちらが入口。大人は300円を支払います。

石の階段を登っていきます。木々に囲まれ神聖な雰囲気がありますね。

登っていくと、「せみ塚」があります。松尾芭蕉「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」の有名な句をここに埋めたそうです。

せっかくなので、ここで一句読んでみます。

「鳴く鳥や 響く足音 声はなく」作り手:させ

【解説】

聞こえるのは、鳥の鳴き声や響く足音ばかりで、登る人は皆、一様に声も出せないほどにつらく苦しんでいる様子を表した一句です。

何より作者の石段を登るつらさが感じられる、松尾芭蕉に土下座して謝りたくなる一句です。

更に登ると、仁王門があります。ここで600段くらいです。

ここを登り切ると奥之院です。もう一息!

奥之院に着きました!参拝を済ませた時の達成感はたまりません。いやあ、疲れた疲れた。

帰る足で、開山堂も見学します。

こちらは、納経堂。山寺の写真でよく見るアングルです。本当に絵になります。

そして、こちらが山寺に来る人の目的にもなる五大堂。岩の上に突き出た場所にあり、宙に浮いているようです。

見える景色は…

絶景なり!電車もちょうど通る時で、いい絵が撮れました。

天気も良くリベンジマッチは大成功。

それでは、下山します。意外と下りがつらいんだけどね…

【立石寺】

  • 所要時間:1時間30分
  • 料金:300円

なんか採って食べる:新潟実食編

 

山寺を去り、前日に新潟で捕まえたドジョウをいよいよ実食します。

一緒に、2県も超えた旅の仲間を食べるのはつらいですが、山寺で失ったスタミナを回復するために自分の血となり肉となってもらいます。

調理方法

では、シェフお願いします。

「はい。かしこまりました!」

今回は、甘辛く煮てみようと思います。

調理方法は以下の手順です。

  1. 生きたドジョウを酒に5分ほど泳がせ動きを封じるとともに、臭みを消します。
  2. 砂糖・酒・みりん・醤油を合わせたものに①を入れ10分ほど煮込みます。
  3. 汁気が無くなり、照りがでたら完成です。

出来上がりはこちら、

題して、ドジョウの甘辛煮~クローバーを添えて~

やはり野草は絵になりますね。食材をぐっと引き立ててくれます。

野草を添えるというシェフの憎い演出です。

では実食してみましょう。

スタミナ対策其の参:食べてみる

まずは、匂いでみます。

「うん、臭くない

泥抜きがうまくいったからなのか臭みは感じません。

いよいよ食べてみます。

まさか生まれて初めて食べるドジョウがこんな形になるとは…

恐る恐る口に運んでみます…

表情はこちら

会心のどや顔です。

「うまいね!これは!」

全然臭くないし、小さな鰻を食べているみたいです。骨も柔らかいし口当たりもいい!

今度から、困ったらドジョウを食べればいいのか。

ドジョウ本当に美味しかったです。

 

本日のお風呂とお宿

 

最後に本日のお風呂とお宿の紹介です。

本日のお風呂

市民いこいの家 ふれあい荘さん

料金なんと100円!

とにかく安くて嬉しいお風呂です。

【市民いこいの家 ふれあい荘】

  • 料金:100円

本日のお宿

道の駅天童温泉さん。

温泉と名がついていますが、あるのは足湯のみです。

近くに、スーパーやコンビニ何でもありますが、街中なので停車する場所によっては少しうるさいかも知れません。

【道の駅天童温泉】

 

おわりに

11日目は天気も良く気持ちよく旅することが出来ました。そもそも、スタミナがつけたいなら休めって話ですよね。

本当に疲れたら1日しっかり休む日も作ろうと思います。

明日は、山形県をさらに北上していきます。

今日の収支

  • ガソリン代:3,990円
  • 食費:1,927円
  • 風呂代:100円
  • 観光費:700円
  • 合計:6,717円

移動距離

139キロ

達成項目

日本100名城:100分11の制覇

 







応援が励みになります!