【125日目】寺社仏閣には今年何回行ったのだろうか?




Pocket

我ながら飽きないですね。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

125日目は、寺社仏閣のみを訪れました。

それではどうぞ。

 

もしものはなし

 

「おはようございます」

もう、寒いとは言いません。この天気からお察しください(笑)

さて、そんな今日の予定ですが、寺社仏閣を中心に訪れようと思います。

この旅に出てから全国各地の様々な寺社仏閣を訪れているので、我ながら見上げた信仰心だと思います。そろそろ願いが叶ってもよいころかな(超小声)

そして、今更ながらふと疑問が芽生えました。

「一体、今までどれくらいの数お参りしたのだろうか?」と…

統計は一切取っていないので詳細は不明ですが、かなりの数寺社仏閣を訪れているのは間違いありません。

もし、御朱印集めていたらすごかったろうな…今更ながらちょっと後悔してる…

ただ、今から始めるのは中途半端な気がしてなんだか嫌なのでやりませんけど(笑)

まあ、記録と記憶に残してあるのでご利益はきっとあるはずです。←無理や言い聞かせる

「ではいってきます!」

 

筑後一の宮 高良大社

 

まず最初にやってきたのは高良大社

筑後国一の宮として1600年以上の歴史を持ち、霊峰高良山に鎮座する由緒正しき神社です。

こちらの三の鳥居から本坂を登って参拝します。

登ると言っても50段ほどなので大した登りではありません。

石段を登り終えると、立派な中門が姿を現します。

今年の秋に平成の大修理を終えたばかりとあって、朱塗りも非常に色濃く見えます。

こちらから登ってきた本坂を振り返ると、久留米の町を見下ろすことのできる素晴らしい景色が広がっています。

この景色だけで来る価値は十二分にあると思います!

こちらは権現造りの社殿

九州一とも言われる規模を持ち、江戸時代になってから久留米藩主の有馬氏が再興したものになります。

有馬氏は予算不足で藩の財政が厳しかったものの、こちらの社殿に財を投資することは惜しまないほど高良大社を信仰していたそうです。

御祭神は、高良玉垂命で厄除け・延命・交通安全などの生活全般をお守りくださるそうです。

いつも通り参拝を済ませたら…

高良神社の奥宮へ

奥宮へは高良大社から20分ほど歩くとたどり着きます。

奥宮の鳥居前に到着!

奥宮へは杉で囲まれた森の中を進みます。

山道は整備されているので歩きにくさは感じませんでした。

奥宮には霊水が湧いており、実際に飲むことも可能です。

せっかくなので少しばかり霊水をおすそ分けいただきました。

まろやかな口当たりで飲みやすい美味しいお水でした。

こちらが奥宮

山奥にひっそりとたたずむ社殿ですが、諸願成就の神様として厚く信仰されているそうです。

高良大社の荘厳さと奥宮の静寂の対比が素晴らしい神社でした。

【高良大社】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

久留米の成田山はすごい…

 

お次にやってきたのは、成田山久留米分院

成田山と聞くと地元の有名な寺院なので非常になじみ深いです。

千葉に総本山があり日本全国に分院があるのですが、ここ久留米にも成田山の分院があるようなので寄ってみました。

「成田山は何回も行っているし同じようなもんだろう!」

いいえ、ここの成田山は一味も二味も違っていました。

「なんだか見た目がすでに麗しい…」

まず、階段は全て大理石で作られています。もうこの時点で頭の中が?でいっぱいです。

こちらは開運門

宝石造りと呼ばれる造りで、すべて信徒の寄付によって造られた山門だそう。

狛犬ももちろん大理石。

「アラブの石油王が信徒なのか?」と思ってしまうほど、豪壮な造りです。

こちらは本堂。

「ふう、ここは普通だな」

と思って反対側を見たら…

「なんだこれは…」

およそ普通の寺院とは思えない建物が…

こちらは慈悲大観音像。

日本最大級高さ62メートルの仏像です。

ただ、白毫には直系30cmの純金の板に3カラットのダイヤモンドが18個ついているそう。

「いや、もうつっこんだら負けよ」

こちらは、インド村平和大仏塔極楽殿。

「さっきの観音様はまだ分かる、まだ分かるがこれは…」

インドにあるブッダガヤ大仏塔と同型のもので、久留米の分院にあるものが世界で2基目だそう。

普通の寺院をイメージしていたので、この場所は最後まで混乱しっぱなしでした💦

「あまりのインパクトに、これから成田山に行くたびに思い出しそう(笑)」

【成田山久留米分院】

  • 所要時間:50分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

全国総本宮 水天宮

 

お次にやってきたのは水天宮。もう、今日は徹底的に寺社巡りです。

全国にある水天宮の総本宮で、有名な東京の水天宮はここから分霊されたものになります。

水天宮境内には、幕末の尊王攘夷派の活動家・真木和泉守を祀る真木神社もあります。

早くから薩長同盟の重要さを説いていたそうで、非常に有能な人物だったそうです。

境内はさきほどの成田山久留米分院と違って静かで落ち着いた雰囲気があります。

「やっぱりこういう雰囲気の方が良いな」

こちらは社殿。

安産や子宝・縁結びなどにご利益があるそうです。

水天宮の脇には、九州一の河川筑後川も流れており、市街にあるとは思えないほどゆったりした時間が流れています。

自分には静かでゆったりしている神社の方が好みですね。

【水天宮】

  • 所要時間:40分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

如意輪寺かえる寺

 

お次にやってきたのは如意輪寺

こちらのお寺もいささか普通とは異なる趣向のお寺です。

何が異なるかと言うと…

かえる!

かえる!

かえるー!

そう!とにかくかえるがたくさんいるのです。

このお寺は、如意輪寺という名前よりもかえるがたくさんいるかえる寺として近年では有名になっています。

境内には探さなくとも見つかるほどかえるの置物がたくさんあり、なんだかほっこりするような一言をそえてあるのが特徴的です。

かえるだけかと思われがちですが、猫の七福神や

抱きつける観音様などかえる以外にもたくさんの見どころがあります。

堅苦しいお寺と言うより、すこしでも分かりやすく楽しめるように工夫されているような気がします。

こちらはかえるくぐり

お願いしながら真ん中の輪っかをくぐると叶うとか!

足元のかえるの脇には有名なキャラクターもいました(笑)

こちらは本堂。こう見ると普通のお寺と何ら変わりありません。

「無時かえるか…」

シンプルなだけに心に響くような言葉も多く、落ち込んでいるときに訪れると元気をもらえそうな楽しいお寺でした。

【如意輪寺かえる寺】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

本日のお風呂とお宿

 

寺社仏閣めぐりはここまでにして、久々にお風呂へ入りたいと思います。

「ひさびさのご褒美タイムや」

本日のお風呂

卑弥呼ロマンの湯です。

朝倉市の市街地にありながら、源泉かけ流しという贅沢な温泉です。

湯触りはヌルヌルしており美人の湯として評判が高いようです。

熱い湯とぬるい湯が分けられているのも個人的にはありがたかったです。

休憩所完備で値段も420円とお安く大変満足できる温泉でした。

【卑弥呼ロマンの湯】

  • 料金420円

本日のお宿

道の駅 うきはです。

大きな道の駅で駐車場も広く、車中泊のしやすそうな道の駅です。

幹線道路に近いので車の音が気になるところが少しネックですが、施設も綺麗で申し分ありません。

「それではおやすみなさい」

【道の駅 うきは】

 

おわりに

 

毎日のように寺社仏閣を訪れ続けているので、見飽きるかなと思いきや意外と見飽きないものですね。

寺社仏閣の何が好きなのかは自分でもよくわかりませんが、なんとなく行ってしまうそんなところです。

たぶんこれからもたくさん行くんだろうな…(笑)

明日は、日田市方面へ向かいたいと思います!

今日の収支

  • 風呂代:420円
  • 合計:420円

移動距離

90キロ

達成項目

なし

 







応援が励みになります!