【138日目】宮崎と言えばやっぱりチキン南蛮は外せないでしょ!




Pocket

もうほんと好き。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

138日目は、宮崎県を北上し日向市を目指しました。

それではどうぞ。

 

都井岬で朝日を見る

 

おはようございます。

今日は朝少しだけ早起きして、絶景ポイント都井岬にやってきました。

その理由は、綺麗な朝日が見たいから!

開聞岳から御来光を見ることができなかったことを未だに引きずっているので、なんとか朝日を見たいんですよね。

ばっちり曇ってる…

でも、そう簡単にうまくいくと思ったら大間違い…

水平線から登る朝日がなかなか見れません。

自分の運が悪いのか、こんなものなのかは分かりませんが…

九州で唯一登ることのできる都井岬灯台

日本でも珍しい野生の馬が間近で見られる

水平線から登る朝日は見られませんでしたが、都井岬灯台や天然記念物の御崎馬を見ることはできたのでまあ、いいか…

そして、忘れたころに雲の合間から朝日がのぞく…

綺麗なんだけど、タイミングよくないね(笑)

【都井岬】

  • 所要時間:50分
  • 料金:無料※9時以降は400円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

52城目!飫肥城

 

朝日チャレンジは今回も煮え切らない結果となりましたが、気を取り直して城攻めに移りたいと思います。

ざっくり説明コーナー

飫肥城は、伊東氏が治めた平山城です。

この城を100年以上にわたって島津家と伊東家が争い続け、最終的には伊東家の居城として利用されることになったという、2家の因縁とも思わせるほど長い戦歴をもつ珍しい城です。

現在残る城の縄張りは、1686年の大改修の姿のもので、数々の廓を配備した近世城郭としてなっています。

九州初の重要伝統的建造物群保存地区となった飫肥城下町も合わせて見学しておきたいお城です。

城へ向かう

それでは、城へ向かいましょう。

復元された飫肥城大手門をくぐり、本丸へ向かいます。

大手門脇は空堀となっています。

この辺りは柔らかいシラス台地なので、比較的簡単に堀を設けることができたそうです。

大手門をくぐると広い虎口があります。

小規模大名の居城とは思えないほど、広大な敷地となっていてびっくり!

これほどの拠点なら長きにわたって争い続けた理由もわかる気がします。

こちらは松尾の丸。

飫肥城を形成する曲輪のひとつで現在は昭和54年に復元された御殿が建っています。

お次は、旧本丸へ続く桝形虎口を登り旧本丸跡へ

現在の旧本丸は杉が生い茂っており、礎石などは見当たりませんでした。

本丸自体は、ほとんどが小学校の校庭に使われていますので見学できませんでしたが、規模も大きく当時の名残を感じることのできるお城でした。

100名城スタンプ設置場所

入場料は200円

100名城スタンプは、本丸にある飫肥城歴史資料館に設置されています。

52城目ゲット!

スタンプをもらった後は、九州の小京都と呼ばれる飫肥城下町を少し歩きました。

石垣の保存状態が非常によく、時が止まったような静かな城下町でようございました。

ただ、中には保存の手が足りていないようで、廃墟化が進んでいる屋敷もあったのが少し残念です。

しかし、天気がいいから問題ないね!←単純

【飫肥城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:200円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

鵜戸神宮

 

ソテツの木から南国情緒を感じる

お次にやってきたのは、鵜戸神宮

地元の方からは鵜戸さんと呼ばれており、神社とは思えないほどの風光明媚な場所にたたずむ海洋信仰の聖地です。

本殿へ向かう最初の門である神門

神門の先にある楼門

鵜戸神宮本殿までは、朱塗りの門を抜けていきます。

空の青さとの対比がたまりませんね!

終始綺麗な海を眺めながら進むので、あまりの美しさに神社へ参拝していることを忘れてしまいそう…

全国的にも珍しい下り宮の神社

5分ほど参道を進んでいくと、本殿へ向かう階段にたどり着きます。

運玉が注連縄の内側に入ると願いが叶うと言われている霊石亀石

参拝と一緒に階段下にある霊石亀石で運試しをするのも良いかと思います。

主祭神の産址とされる洞窟内に佇む朱塗りの御本殿

こちらが御本殿。

洞窟内にたたずむ姿が神秘的で惹きつけられるものがあります。

御本殿裏には、神話にまつわる乳房石やお乳水などもあるので合わせて参拝しておきましょう。

綺麗なだけでなく何とも言えない魅力に惹きつけられる神社でした。

【鵜戸神宮】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

青島神社は運試しのパラダイス

 

お次もまた神社にやってきました。

周辺には500円の駐車場が多数あるが、こちらの青島参道南広場は無料で利用できるのでオススメ

訪れたのは、青島神社

青島全てを境内とする霊域で、江戸時代までは全域が禁則地だったそうです。

青島までは徒歩

今は普通に入れますのでご安心ください。

こちらの参道も鵜戸神宮のように風光明媚な景色が広がっています。

島の脇には鬼の洗濯岩と呼ばれる奇岩がずらりと広がっており非常に美しいです。

歩くこと5分ほどで青島神社へ到着しました。

こちらも南国の趣があって、普通の神社とは違う雰囲気を感じます。

さっそく参拝をさせて頂いたのですが、この神社はちょっとおもしろい。

願い符に願い事を書いて浮かべる運試し

5円玉or50円玉を使う御縁継ぎ

からわけを投げる運試し

サイコロを振る占い

弓を射る運試し

とにかく運試しが多いのです!

上記以外にもさまざまな運試しが存在しており、神社全体がアトラクションのようになっています。

もう、やったもん勝ちみたいな感じだよね(小声)

ただ、ご利益は間違いないようで、開運・縁結びなど様々なご利益をいただけるそうです。

また、宮崎キャンプの際に巨人の選手も参拝に訪れるそうなので、もしかしたら出くわすかもしれませんね。

【青島神社】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

おぐらのチキン南蛮を食す

 

今日は、うれしいうれしい久々の外食です(笑)

この外食のために宮崎にやってきたと言っても過言ではありません。

本店は休日だった

やってきたのは、味のおぐら瀬頭店!

宮崎にある超人気店なので、昼時は待ちが出るほど混みあっていました。

ここで食べるものは、もちろん…

味のおぐらはタルタルソースをかける形のチキン南蛮発祥の店

やっぱり宮崎名物チキン南蛮ですよね!

実は、一番好きな食べものがチキン南蛮なのでここに来るのを本当に楽しみにしていたんですよ♪

西に向かうと決めた時から、絶対に本場のチキン南蛮を食べると決めていたくらいですからね!

苦節3か月…ようやく、ここまでたどり着いたぜ…(笑)

冷めないうちに、さっそく頂きます!

この美しすぎるビジュアルよ…

もう、うますぎて涙が出ますよ…

ボリューム満点のやわらかい胸肉に、甘さとタルタルソースと酸味の組み合わせがもう抜群でご飯がいくらでも入ります!

甘酢とタルタルソースを合わせようと思ったアイデアは、天才的としか言いようがありません。

やっぱりチキン南蛮は偉大な食べ物で最高です⤴

宮崎にいる間に死ぬほど食べておこう(小声)

【味のおぐら瀬頭店】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:1,010円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

美々津の町並み

 

心もお腹も満たされた後は、再び宮崎県を北上します。

やってきたのは、美々津。

江戸・明治期の古い白壁の町並みが残るエリアで、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

美々津は古い町並みだけでなく、神武天皇が日本で初めて船団を組織したことから海軍発祥の地にもなっています。

町並みに目を向けると、無料で見学のできる美々津軒や…

白壁の風情ある町並みを楽しむことができます。

美味しいものを食べた後に、ゆっくり古い町並みを眺める…

ほんと文句なしに幸せだな~♪

【美々津】

  • 所要時間:40分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

本日のお宿

 

今日の目標である日向市にたどり着いたので、今日はこの辺でお開きにします。

この場所にはやたらと猫がいる

日知屋城駐車場です。

駐車スペースは狭く、トイレも遠いので車中泊向きではないですが、最近うまいこと寝られる場所がないんだよな…

道の駅もなくはないのですが、WiFiが入らない場所だったり、明日のことを考えた時に無駄走りをする羽目になったりするのでちょうど良い場所がないんですよね。

最低限寝られればいいからどこでもいいんだけどさ…

では、おやすみなさい

【日知屋城】

 

おわりに

 

今日は朝日が見られずいまいちなスタートでしたが。チキン南蛮が食べられたのでいうことなし。

やっぱり美味しいものは人を幸せにしてくれますね!

明日も引き続き宮崎県を北上します。

ではまた~

今日の収支

  • ガソリン代:5,650円←本当にガソリンの高騰がきつい…極東の方々頼んます…
  • 食費:1,960円
  • 合計:7,610円

移動距離

197キロ

達成項目

日本100名城:100分の52制覇







応援が励みになります!