【154日目】レンタカーで沖縄南部巡り!晴れるだけで南国は10倍楽しくなる!




Pocket

お日様は本当に偉大だ。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

154日目は沖縄巡りの1日目として南部を中心に観光しました

それではどうぞ。

 

沖縄編は3分割

 

今日からは沖縄本島を3日間に渡り観光します!

初日は沖縄南部を中心に、明日は北部、明後日は中心部と観光するプランです。

我ながらまずまずの計画だな(笑)

初日の天気は気持ちの良い晴れ!

離島に来てから一番良い天気の一日になりそうです。

沖縄の道は平日でも関係なく混む…

今日と明日は、レンタカー!またまたスズキワゴンRさんが相棒です。

軽自動車の燃費に驚く今日この頃…最近の軽は走りも快適で乗りやすいですよね♪

部隊も無事に整ったので、それでは出発します!

 

平和の祈り

 

まずは、沖縄南部の平和学習からスタートします。

やってきたのはひめゆりの塔。

沖縄戦に看護要員として動員された女学校の生徒たち、通称:ひめゆり学徒隊の悲劇を今に伝える場所です。

アメリカ軍の攻撃により一番多くの女学校生徒が亡くなった沖縄陸軍病院第三外科跡にひめゆりの塔はある

もし当時の学徒隊が生きていたら、今ごろきっと良いおばあちゃんになっていたのでしょう。

静かに手を合わせて平和を祈るくらいしかできませんが、そう思うとやりきれないものがあります。

こちらは平和祈念公園。

記念ではなく祈念と言う文字が使われているところに、沖縄の方の平和への願いが強く表れている気がします。

命こそ最高の宝…

平和な時代を生きていると命のありがたみを感じにくいですが、この言葉はシンプルながら本質をついておりいろいろと考えさせられます…

沖縄戦で亡くなったずべての名前が刻まれた平和の礎。

高校時の修学旅行以来の訪問でしたが、あの頃よりは平和についてちょっとは理解できるようになっているのかな…

月並みな言い方ですが、戦争はやはり二度と繰り返してはいけませんね。

 

天ぷらの島 奥武島

 

ドライブが楽しすぎる!なんといってもこの海の美しさよ…

晴れるだけで南国は最高の気分にさせてくれます⤴

お次にやってきたのは奥武島にある中本鮮魚店。

奥武島は本島と橋でつながった非常に小さな島でありながら、島内に多数あるてんぷら店がどこも人気で県内・観光客問わず多くの人が訪れるという天ぷら島。

この日も天ぷらを買う人々がひっきりなしに訪れていました。

注文書に個数を記入して注文する

ぼくもさっそく天ぷらを注文!

驚くべきはそのお値段。ほとんどが65円と超格安です。

本土では天ぷらと言うと高級なイメージですが、沖縄では小腹がすいたときにおやつとして食べられるくらい手軽で身近な食べ物だそうです。

沖縄でしか食べられない沖縄いなりも売られています。

本土のものと違い沖縄いなりはお揚げに味付けがされていないので、酢飯の味がそのままダイレクトで味わえる素朴なおいしさです。

なんで味が分かるかと言うとこのポップに負けて思わず購入したから…

実際に食べたのですから間違いありません(笑)

写真は紅イモ。イモ本来の甘さが良いおやつになる

奥武島の透き通る海を見ながら食べる天ぷらは最高!

どの天ぷらも脂っこさがほとんどないのでぺろりといけちゃいます!

天ぷらを食べていると野良猫がおねだりをしに来ます(´▽`*)

ただ、お主達は揚げ物を食べて大丈夫なのか・・・?

奥武島から島の東へ10キロほど進んだ所にあるニライカナイ橋。

展望台から見下ろす橋と海の景色が美しい場所です。

沖縄は本当にフォトジェニックな場所が多いですね♪

 

聖地 斎場御嶽

 

斎場御嶽へは発券場がある南城市地域物産館に車を停めて徒歩で向かう

お次にやってきたのは、最強パワースポットとしての呼び声が高い世界遺産・斎場御嶽(せーふぁうたき)

御嶽(ウタキ)と呼ばれる聖地が沖縄には多く存在していますが、その中でも斎場御嶽は国家的な祭事が行われた場所で琉球開びゃく伝説にも現れる、琉球王国最高の聖地です。

斎場御嶽の駐車場の近くには絶景スポット知念岬があるのでこちらを先に訪れました。

この青さは美しい通り越して、もはや卑怯だろ…

綺麗な海を見た後は知念岬と反対方向にある斎場御嶽へ

道中で見かけた、カンヒザクラ(寒緋桜)が沖縄ではもう見ごろ!

日本で一番早く春がやってきています♪

歩いて10分ほどで斎場御嶽入口に到着!

ここからさらに斎場御嶽内を歩きます。

こちらは入り口にあたる御門口(ウジョウグチ)

御門口の右手には石で造られた六つの香炉が置かれていますが、これは御嶽内にある六ケ所の拝所の分身だそうです。

こちらは大庫理(ウフグーイ)

御嶽内に入ると最初に現れる拝所で、大広間の意味があるそうです。

御嶽内の道は音が全くしないので、木々や空気から何かを感じ取れる気がします。

自分の気のせいでなければですが…

こちらは寄満(ユインチ)

台所を意味するそうですが、ここで料理をするわけでなく、世界中から交易品が集まる琉球王国を称しているそうです。

こちらはシキヨダユル・アマダユルの壺。

二本の鍾乳石から滴る聖なる水を受けるための拝所です。

こちらは、斎場御嶽で一番の見どころ三庫理(サングーイ)

最も格式の高い拝所で、琉球の創造神が降臨する場所だそうです。

三角岩を抜けた先からは琉球の創世神アマミキヨが降り立ったとされる久高島を望むことができます。

斎場御嶽は聖地と言うだけあって、厳粛な雰囲気をひしひしと感じました。

例えるならば、本土で言う格式高い神社のような雰囲気と言うんでしょうか…?

何とも例えにくいけど、とにかく神秘的!どんなもんかは行けばわかるさ(笑)

 

55城目!中城城

 

すごく久々の100名城タイム!

沖縄の城は本土の城と違うと聞いているので、楽しみだなぁ♪

ざっくり説明コーナー

中城城は14世紀後半ごろに築かれた山城です。

標高160メートルほどの丘陵の上に設けられた天然の要害としてだけでなく、沖縄にある300余りの城の中でも最もよく遺構が残されています。

城は連郭式で6つの郭から構成され、それぞれに曲線を多用した石垣を城壁として設けています。

現在は、世界遺産として登録されており、歴史的に高い評価を受けている城となっています。

城へ向かう

それでは城へ向かいます。

まずは料金所で入城料400円をお支払い。

料金所に10名城スタンプが設置されているので、押印!

これで55城目ゲットです。

城跡正門までは無料でカートが出ています。

これに乗ればあっという間に城跡前までたどり着けるので非常に便利!

カートに乗りあっという間に入口に到着。

順路の看板が多数設置してあるので、城跡内は迷うことなく歩けます。

城歩き最初の遺構は、ガンジャーガマ。

鍛冶屋の跡とされていますが、集落のものなのか城のためかは不明とのこと。

こちらは正門。

曲線を多用した石垣は本土ではめったに見られない造りなので見ていて面白い!

石垣の技法も非常に多くの技法が使われています。

野面積みのところもあれば、あいかた積みのところもある。

これを見ただけでも、琉球の城に用いられた石垣の技術は相当高いと言えそうです。

こちらは南の廓にある拝所。

城内には8つの拝所が設けられ今も拝む人が絶えないそうです。

こちらは南の廓から一の廓に繋がる門。

堅固さの中にもどこか美しさを感じられるのが沖縄の城の持つ特徴かもしれません。

一の廓の城壁は主郭なだけあって造りもより丁寧になされています。

かなり小さな石も使ってあるので、本土の城より凝った造りになっている気がします。

こちらは、一の廓内部。

城の要である正殿があったとされる一番広い郭です。

布積みと呼ばれる技法で積まれた一の廓から二の廓に通ずる門。

しかし、優雅なお城ですね。あのペリー提督もこの城に高い評価をしたそうですよ。

こちらは、二の廓と三の廓を隔てる高石垣。

城でここまでの曲線を持つ石垣は初めてみました。

二の廓からは太平洋が一望できる素晴らしいロケーション。

ここまで綺麗だと城攻めと言うより、リゾート気分に浸ってしまいますね(笑)

世界遺産 勝連城

中城城の城攻めを終えた後は勝連城にやってきました。

ここは100名城ではありませんが、続日本100名城に選ばれた世界遺産のお城です。

他の県にあったなら間違いなく100名城になっていただろうな(小声)

世界遺産にも関わらず入場料はなんと無料

こちらも琉球王国の城としての特徴を残す遺構が多く見ごたえ十分です。

山城なので多少の高低差はありますが、距離は短いので大したことはありません♪

一番標高の高い一の郭部分から見下ろせば城の遺構と街並みが良く見渡せます。

琉球の城はどこに行ってもポテンシャルが高いので、この後の城も楽しみ♪

 

塩の雪 ぬちまーす

 

お次にやってきたのはぬちまーす。

沖縄と言えば塩づくりも有名ですが、沖縄にとどまらず日本中でもNO.1と言われる塩がこの場所で製造されています。

ここぬちまーすでは嬉しいことに工場見学無料なのでさっそく見学してみましょう!

ぬちまーすでは、常温瞬間空中結晶塩製法という何ともかっこいい名前の製法で塩づくりをしています。

本来塩は熱を使って海水から取り出すのですが、熱をかけると海水中のミネラルまで失われてしまうそうです。

しかし、この常温瞬間空中結晶塩製法ならばミネラルを一切損なわないので非常に栄養価の高い塩が出来上がるそう!

すごいぞ常温瞬間空中結晶塩製法!←言いたいだけ

いつもは装置が稼働しているので、塩の吹雪が見られるそうなのですが、この日は数日に一度の回収日だったのでいっさい見られず…

ある意味では貴重だけど、数日に一度をピンポイントで当ててしまう謎能力をどうにかしたい(笑)

ぬちまーすの外には果報バンダ(幸せ岬)と呼ばれる絶景ポイントもあります!

ここからの景色は本当に素晴らしい♪

晴れの沖縄は最強!これは間違いないな(確信)

 

キリが良いので今日の沖縄巡りは、ここで終了。お宿に戻って明日の北部観光に備えましょう⤴

 

おわりに

 

沖縄観光1日目の天気は完璧と言えるほど素晴らしい天気でした。

晴れているだけで、見るものすべてが美しい…南国での晴れの偉大さを痛感しました!

明日は、沖縄の最北端まで行くつもりなのでちょっと忙しくなりそうです💦

では、また~

今日の収支

  • 食費:985円
  • 観光費:700円
  • レンタカー代:4,600円
  • 合計:6,285円

達成項目

日本100名城:100分の55制覇

 







応援が励みになります!