【179日目】古都奈良のちょっとだけディープな場所を巡る一日




Pocket

マイナーな場所ではないし、確実に他県ならトップクラスな名所のはず。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

179日目は、奈良県南部を散策しました。

それではどうぞ。

 

飛車角落ち?

 

あっという間の大阪滞在を終え、今日からは奈良県へ!

ただし、赤丸をつけたエリアには行かない…

赤丸エリアには、奈良公園・東大寺・法隆寺などなど奈良が誇る見どころがたくさんありますが、

行きま・・・

せん!

奈良県きっての観光地を外すのは、将棋で言えば飛車角落ち、相撲で言えば横綱全員休場くらいのレベルだと思うんですけど、行ったことあるし、今回はパス!

行ったことある場所と今後も行きやすい観光地には、あえていかないスタイルでこの先の旅はやっていこうと思います。

まあ、奈良県はほかの場所もレベル高いから大丈夫でしょう(適当)。

では、いってきます。

 

77城目!千早城

 

奈良へ向かう前に大阪最後の100名城へ

ざっくり説明コーナー

千早城は、1332年に楠木正成によって築城された山城です。

金剛山の一部を使用し、四方を断崖絶壁と渓谷に囲まれ、自然の地形を利用した縄張りは、鎌倉幕府軍を寄せ付けなかった鉄壁の城塞です。

現在は、金剛山の登山ルートの一部となっており、城としての遺構はほとんどありませんが、当時の縄張りの名残を感じることのできる城跡となっています。

城へ向かう

それでは城へ向かいます。

遠目に見た千早城。

森が深すぎて、縄張りは正直よくわからん…

こちらの登山道から千早城に向かいます。

藁人形に甲冑を着させているのは、楠木正成が城に兵が多くいるように見せかけた策をモチーフにしているのでしょう。

城へ向かう道のりは石段となっているので登りやすいですが、まずまずの急坂。

斜面も断崖絶壁なので、この城を攻めるのは相当大変だったことが想像できます。

本丸には、千早城の碑と千早神社が鎮座しています。

千早神社は、わずか800の兵で鎌倉幕府軍12万の猛攻を受けたものの落城しなかった千早城にあやかって、落ちない神社としてご利益があるそうで、受験生や勝負事を祈願する人が多く訪れるそうです。

うーん。千早城は城攻めと言うより、少しつらい神社への参拝と言う感じでしたな…

100名城スタンプ設置場所

100名城スタンプは、山麓茶屋まつまさに設置されています。

これで、77城目ゲット!

これまで100名城スタンプをたくさんもらってきたけど、普通のお店に置いてあったのは初めてだわ(笑)

【千早城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:有料駐車場のみ

 

神武天皇を祀る 橿原神宮

 

奈良県に突入!

まずやってきたのは橿原神宮

初代天皇である神武天皇とその皇后を御祭神とした神社です。

奇しくも今日は、春の神武祭が開催されており、多くの人が訪れていました。

こちらは表参道を進んだところにある南神門。

とにかく境内の敷地が広い神社なので、開放感抜群です。

回廊を伴う外拝殿と内拝殿。

明治の創建と歴史が比較的浅い神社ですが、建物に迫力があり、ずいぶん長いことあった古社のような雰囲気すら感じる場所でした。

【橿原神宮】

  • 所要時間:40分
  • 料金:無料
  • 駐車場:橿原公苑無料駐車場利用

 

古き都 飛鳥地方へ

 

お次は、6世紀ごろの日本の中心であった飛鳥地方へ

天下の奇祭 飛鳥坐神社

やってきたのは、飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)

まず、この名前が普通の人なら絶対に読めない(笑)

この神社は、性信仰の聖地とされており、境内の陰陽石を始め性にまつわるものがたくさんあります。

特に、毎年2月の第一日曜日に天下の奇祭とされるおんだ祭が行われることで有名で、その内容は天狗とおかめの性行為を演じるという、見たいようで、よく考えたら全然見たくないという何とも言えないお祭りだそう。

しかも、参拝者は何のサービスかは不明ですが、天狗に青竹で思いっきりお尻をぶっ叩かれるらしい…

ドМな自分でも、その祭りの何が面白いんだろうかと思ってしまうほどの奇祭っぷり・・・ただ、どれ程のものなのか逆に気になるし、一度見てみたいな(笑)

日本最古の仏像 飛鳥寺

お次にやってきたのは、蘇我馬子によって発願し日本最初の本格的寺院とされる飛鳥寺

ここは、おふざけは一切ない由緒正しきお寺です(笑)※飛鳥坐神社も由緒正しい神社です。

こちらの見どころは、飛鳥大仏。

日本最古の仏像とされ、609年の鎮座以来、火災などの被害にあいながらもこの場所から全く動いていないそう。

これはいかにも古都奈良っぽい、素晴らしいものが見れました♪

ただ、日本最古の仏像もあり有名なお寺に違いないのですが、参拝者がほとんどいないという謎…

みんなきっと東大寺に行ってるんだな(すっとぼけ)

【飛鳥寺】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:350円
  • 駐車場:有料駐車場のみ

 

78城目!高取城

 

お次は、奈良県唯一の100名城へ

ざっくり説明コーナー

高取城は、南北朝時代に越智氏によって初めて城が築かれた後、本多氏によって近世城郭に整えられた山城です。

日本三大山城の一つで、ふもとにある城下町からの比高は、446メートルと日本一の高低差を誇ります。

現在は櫓等の遺構は、ほとんど残されていませんが、残された石垣から当時の規模を知ることが出来る城跡で、軽登山やハイキングコースとしても人気があります。

城へ向かう

それでは城へ向かいます。

今回は、本丸近くまで車で移動しましたが、山城だけあって道のりはなかなかに過酷。

雨の後ということもあり、結構滑って大変でした💦

大手門周辺の石垣。

桝形の配置もさることながら、この標高にこれだけの数の石を配置していることに驚かされます。

こちらは、一番高い石垣の積まれた天守台。

12メートルの高さを誇り、3層の天守がそびえたっていたそうです。

天守台の石垣は苔むしており、なんともいえない歴史の深みを感じます。

本丸にある一本木で作られた天守の模型。

模型とは言え、天守を見下ろすのは気分がいい(笑)

こちらは天守台穴蔵入口。

左の石垣には、転用石として古墳の石棺が使用されています。

天守台からは、うっすらと城下の町並みが見下ろせます。

当時は、木も生い茂っていなかったはずなので、ここからの景色はかなり美しかったはずです。

高取城跡は、いい意味でほとんど修復などの手が込んでいないので、当時からゆっくりと時間をかけてだんだんと朽ちていったような寂しげな雰囲気があり、どこか哀愁が漂う山城でした。

【高取城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

本日のお宿

 

奈良県の観光はおしまい!

早くもお隣の県、和歌山に向かいます!

本日のお宿は、道の駅 柿の里くどやまです。

幹線道路からも少し奥まったところにあるので、非常に静かに過ごせそうです。

道の駅で売られてた、柿の葉寿司がおいしそうだったな(笑)

それではおやすみなさい。

【道の駅 柿の里くどやま】

おわりに

 

【お知らせ】3月14日より日本一周車中泊旅を再開します!

↑急に旅のペースが上がったような気もしますが、当初の計画通りです。

奈良県をたったの1日で走破するというのはちょっともったいない気もしますが、もともとこの辺りの観光地はスルーする予定だったので、今のところ計画通りに旅が進んでいます。

唯一の誤算は、吉野山の桜が早く咲きすぎたこと…明日は吉野山に行きたかったのですが、もう葉桜になってしまったようなので、今回はパス。

桜の時期に合わせるのは難しいなぁ…

という訳で、明日は九度山周辺の観光をして和歌山方面へ向かいたいと思います。

では、また~

今日の収支

  • ガソリン代:4,673円
  • 食費:621円
  • 観光費:350円
  • 駐車代:600円
  • 合計:6,208円

移動距離

82キロ

達成項目

日本100名城:100分の78制覇

 







応援が励みになります!