【183日目】旅の報告を兼ねて年に一度のお伊勢参りへ




Pocket

もはや恒例行事。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

183日目は、伊勢神宮を参拝した後、伊賀市方面へ向かいました。

それではどうぞ。

 

お伊勢参りへ

 

昨日は熊野詣、今日はお伊勢参り。

お伊勢参りは、ほぼ毎年のように行っていますが、伊勢神宮だけは何度訪れても別格と言うか、筆舌に尽くしがたい雰囲気がある場所なんですよね。

だから、吸い寄せられるように何度も訪れてしまうんでしょうけど。

あと、もうちょっとで終わる旅ですが、最後まで事故なく無事に過ごせるように、伊勢神宮できちっとお参りしてこようと思います。

大事なことは神頼み!それでは、いってきます。

 

伊勢神宮外宮 豊受大神宮

 

まず、やってきたのは豊受大神宮

外宮という名前で呼ばれることが多く、伊勢参りをする際は、外宮から内宮という順序で参拝するのが正しい作法とされています。

どちらか片方だけを参拝するのは、片参りと呼ばれ、あまり良くないとされていますが、実際には片参りする人もかなり多いみたいです(小声)

では、さっそく参拝させて頂きます。

表参道火除橋を通り、本殿のある正宮へ向かいます。

こちらは、手水舎。

さすが伊勢神宮ともなると、柄杓の数も桁違い。

境内はいつ歩いても、空気が澄んでいると言うか、明らかに空気が違うような気がします。

うまく言えませんが、この感覚が伊勢神宮に来たなって感じです(語彙力)

こちらが正宮

天照大神のお食事を司る神様である豊受大神をおまつりしており、衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神として信仰されています。

この先、正宮内での撮影は外宮・内宮ともにできませんので悪しからず。

土宮・風宮・多賀宮などの別宮も参拝して、外宮のお参りは完了!

お次は、内宮へ

【豊受大神宮】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

皇大神宮 伊勢神宮内宮

 

やってきました、内宮。

こちらの正式名称も、皇大神宮ですが、内宮と呼ばれることが圧倒的に多いです。

内宮付近には、おはらい町におかげ横丁など食べ歩きや買い物ができるエリアがあるので、外宮より参拝者が多い傾向にあります。

ただし、今回はあくまで参拝だけなので、おはらい町はスルー

あそこを歩くと誘惑に負けて、色々食べちゃうしね…赤福の誘惑に勝てた試しがないし(笑)

五十鈴川に架けられた宇治橋を渡り、神宮境内へ。

両端にかかる鳥居は、旧正殿の柱を使用しているそうです。

宇治橋を渡った先にある神苑。

最初は開放感のある参道を歩き、正宮を目指します。

手水者の先にある鳥居をくぐったあたりから、だんだんと森が深くなってきます。

こちらは五十鈴川御手洗場。

こちらで、心身を清めてから正宮の参拝に向かいます。

春になったといえど、まだ水はちべたい…

こちらは、祈祷を受けることのできる神楽殿。

神楽殿だけでも、普通の神社をはるかに超える存在感があるのは、さすがは伊勢神宮と言う感じです。

さらに参道を進みます。

参道は外宮よりも巨木が多い気がするので、内宮の方がひっそりとしていてより神秘的な気がします。

唯一神明造という古代の様式で造られている

こちらが正宮。

天照大神をお祀りしており、日本で最も尊いお宮です。

やっぱり神社の最高峰は、存在感が圧倒的ですね。

お願い事を聞いてくれる荒祭宮にもきちっと参拝して、内宮のお参りも完了。

何度来ても、清々しい気持ちになれるお伊勢参り。

次は、旅を無事に終えた後に、お礼参りでまた来よう♪

【皇大神宮】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:最初の1時間無料

 

80城目!松阪城

 

お伊勢参りのあとは、いつもの業務の時間です。

ざっくり説明コーナー

松阪城は、1588年に蒲生氏郷によって築城された平山城です。

築城名人と名高い蒲生氏郷が縄張りを手掛け、その後に入城した古田重勝の手により、現在に残る縄張りが完成されました。

櫓等の遺構こそ残されていませんが、阪内川を自然の堀として使用し、石垣を多用した城跡は、一見の価値があります。

現在は、桜が多数植樹されており、桜の名所としても人気を集めています。

城へ向かう

それでは城へ向かいます。

城の入口から、お手本のような高石垣とほれぼれするような桝形。

実はこの城に来るのは、3回目なんだよな(小声)

松阪市立民俗資料館で100名城スタンプを押印。

これで、80城目ゲット!

本丸と天守台。

当時は三重の天守があったそうですが、復元等はなされていません。

手すり等が一切なく石垣の際まで行ける。ただし落下に注意

この城は、櫓等は一切残されていませんが、石垣の配置がしっかりと残されているので、縄張りが非常にわかりやすく、連続する枡形や高石垣など城の基本をきっちりと学ぶことのできる良いお城だと思います。

僕は好きです。このお城(笑)

城下には、藩士たちが暮らした長屋跡である御城番屋敷もあり、そちらも見どころの一つです。

マキ塀を見ると、地元千葉を思い出しますなぁ…※マキの木は千葉の県の木

【松阪城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

牛は無理でも鳥なら…

 

今日は、久々の外食ランチへ!

やってきたのは、前島食堂。

メディア等にも取り上げられることの多いお店で、安くて美味しい鶏肉をいただけます。

松阪っていうとどうしても、松坂牛だけどあいつはちょっと高いしね…

何より、この年になると牛の油がきついんよ…

ただし、鶏肉は全く問題なし!

柔らかくあっさりしていて食べやすい・若どり

ハツなどの内臓系の部位の詰め合わせで甘みもあって食べやすい・きも

コリコリの歯ごたえが堪らない・めす

たっぷりの白菜と鶏肉を白みそベースで煮込んだスープ・とり野菜

前島食堂は全て一皿450円と非常にリーズナブルなので、とにかく鳥をアホほど食べる(笑)

お店特製のニンニク入り味噌ダレと鶏肉が抜群でバクバク食べられる!

これを、ご飯に乗せたらうまいに決まってるんだよなぁ♪

しかも、これだけ食べても2,000円なら無問題!

※普通の人なら1,000円あれば十分だと思います。

実は、伊勢参りの後は、必ずと言っていいほど訪れる定番のお店でした(笑)

いつ来ても、うまいしね♪

今回もごちそうさまでした(´▽`*)

【前島食堂】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:2,116円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

東海道の宿場町 関宿

 

格子がとてもいい雰囲気を醸し出している

お次にやってきたのは、関宿

東海道の宿場町として栄えた町並みが今も残り、重要伝統的建造物に指定されています。

高札になんて書いてあるかはよくわからなかった💦

いろんな宿場町を訪れて来ましたが、ついに東海道までたどり着きました。

三重まで来れば千葉まですぐだし、つまるところ、もうすぐ旅も終わりですなぁ…

しかし、確実に終わりに近づいているのは間違いないんだけど、全然終わる気がしないのは何故なんだ・・・

【関宿】

  • 所要時間:40分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

本日のお宿

 

今日は伊賀市までたどり着いたので、ここらで店じまい。

うーん。忍者の里なのに、全く忍ぶ気が感じられないのはいかがなものか(笑)

本日のお宿は、名阪伊賀ドライブイン

食事施設を兼ねているので、補給にもちょうどよく、安心して車中泊できそうです。

ここのホルモン炒めがうまいらしいけど、さすがに昼食いすぎて夜はきつい…

それではおやすみなさい。

【名阪伊賀ドライブイン】

おわりに

 

今日の旅は、初めて行くところがほとんどなかったので、ちょっとした思い出巡りみたいな感じになりました。

何回か訪れたコースなので、いつもより時間配分に安定感がありました(笑)

明日は、伊賀のお城を攻略した後、滋賀県に向かいます。

では、また~

今日の収支

  • ガソリン代:5,472円
  • 食費:2,116円
  • 合計:7,588円

移動距離

121キロ

達成項目

日本100名城:100分の80制覇

 







応援が励みになります!