【185日目】一瞬だけ京都に訪れたのち琵琶湖湖畔を周遊する




Pocket

タッチ&ゴーの要領。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

185日目は、京都を一瞬訪れた後、琵琶湖湖畔を時計回りにくるりとドライブしました。

それではどうぞ。

 

京都へ行く!

 

昨日のイライラは一晩寝てスッキリしたので、さっそくですが京都へ向かいます。

日本最強の観光都市である京都はとにかく見所が多く、行きたい場所もたくさんあるんですが、正直言って京都の観光には車が邪魔(笑)

そして、今回の旅の目的は、まず第一にお城なので、100名城である二条城のみに目的を定めて京都に行こうと思います。

相変わらず朝には強い!夜にはまあ頑張れば強い(笑)

京都へは、車を大津京駅付近に駐車して電車で向かいます。

京都の道は渋滞する上に駐車場代も高いので、二条城だけのためならわざわざ車で行く必要もないのでね。

それにしても、本当に城のためだけに行く感じですね。

まるで地元民のような使い方…いや、地元民でもこんなことしないか(笑)

それでは行ってきます。

 

87城目!二条城

 

知ってたけど、満員電車はきつかった💦

ざっくり説明コーナー

二条城は1603年に、徳川家康によって築城された平城です。

徳川将軍家の京都滞在時の宿泊場所と、京都御所の護衛を兼ねた役割を持ったお城でした。

立地も京都のほぼど真ん中にあり、大政奉還など歴史の大きな転換点になった出来事が多く起きた場所でもあります。

現在は、世界遺産に登録されており、京都観光の定番として多くの人が訪れる城跡となっています。

城へ向かう

それでは城は向かいます。

二条城の縄張りは、水堀と石垣に覆われています。

まずはこの外堀をくるりと一周しようと思います。

こちらは西南隅櫓。

こちらは、西門

こちらは北大手門。

南門

東南隅櫓。

二条城と言うと、二の丸御殿が注目されがちですが、当時は、現存する2基の隅櫓を加えて多数の隅櫓で防御されていたそうです。

水堀と石垣に加えて、隅櫓。

想像よりも防御に手の込んだ、お城だったのかも知れません。

外周を見終えた後は、東大手門を通り城内へ

こちらは、二条城の見どころの一つ唐門。

二の丸御殿の正門にあたり、将軍の京都での宿泊場所に恥じない豪華絢爛な装飾が目を引きます。

こちらは唐門の先にある二の丸御殿。

二条城と言えばやっぱりこことなりますね。

内部は写真撮影ができないため、外観のみですが、大政奉還が行われた大広間や、虎や松などの様々な障壁画があり、見どころが非常に多いです。

二の丸の後は、本丸櫓門をくぐり本丸へ

こちらは本丸御殿

明治期に、京都御所から移された建物で、こちらは外観のみの見学です。

こちらは、天守台。

本丸の南西隅に置かれ、当時は伏見城から移築された5重6階の天守閣がありましたが、落雷により焼失した後は再建がされなかったそうです。

もし、天守が残っていたら、もっとお城として有名な場所になっていたかもしれませんね。

100名城スタンプ設置場所

100名城スタンプは、大休憩所に設置されているのでそちらで押印。

これで、87城目ゲット!

用も済んだので滋賀県に帰ります。

本当に京都で城以外の場所には一切いかないというね(笑)

【二条城】

  • 所要時間:2時間
  • 料金:600円
  • 駐車場:有料駐車場のみ

琵琶湖湖畔ドライブ

 

滋賀と言えばやっぱり琵琶湖!

滋賀に戻ってきた後は、琵琶湖湖畔を時計回りにドライブしながらふらふらといろんな場所に立ち寄って行こうと思います。

まずやってきたのは、満月寺浮御堂

琵琶湖の湖畔に突き出た御堂が印象的なところで、サスペンスなどの撮影に使われることが多いそうです。

あんまり、サスペンス見ないからピンとこないけど、綺麗だからよし!

お次は、休憩がてら、道の駅びわこ大橋米プラザへ

こちらからは、琵琶湖大橋を眺めました。

いろんなフィルターをかけたら、沖縄の古宇利大橋に見えなくもないかも?

ついでに、悪評ばかりが目立つ滋賀の名物鮒ずしを怖いもの見たさで購入。

お味は、言うほど食べられなくはないけど癖が強い・・・千葉にあるイワシのごま漬けなる郷土料理を20倍くらい食べにくくした感じですかね。

たぶん、伝わらないでしょうけど…

とにかく発酵食品なので、臭いはきついし、酸味、塩味が強く、何かと合わせて食べるようなものですね。

トータル的に見れば、僕は嫌いな部類です…

ついでに、まさかいないとは思いますが、車内では開けないことをオススメします。

しばらく、鼻を衝く酸っぱいにおいがこびりつきますよ…車内で開けた自分が言うんだから間違いない(笑)

休憩が全く休憩にならなかったあとは、近江最古の神社とされる白髭神社へやってきました。

こちらの、みどころは…

琵琶湖に浮かぶ大鳥居。

さっきは琵琶湖に浮かぶ御堂でしたが、今度は鳥居!

鳥居の奥に広がる雄大な琵琶湖は、近江の厳島と例えられる美しさです。

琵琶湖の有名な景色と言えば、自分の中ではこの景色♪

琵琶湖湖畔のドライブもなかなか楽しかったなぁ(^^)

 

88城目!小谷城

 

今日の最後は城攻めへ。

ざっくり説明コーナー

小谷城は、1520年頃に浅井氏によって築城された山城です。

小谷山に本丸を置き、尾根を利用して多数の曲輪を配置した縄張りは、日本五大山城の一つに数えられるほど、広大で強固なものになっています。

織田信長の小谷攻めによって廃城となりましたが、今もなお広大な縄張りを確認できる城跡となっています。

城へ向かう

それでは城へ向かいます。

まずは、本丸付近の番所跡まで車で移動し、ここから歩いて本丸を目指します。

山城なので、足元が悪いのは御愛嬌ですね。

浅井家の家紋の入った旗付近からは、城下を一望できる素晴らしい景色が広がっています。

この景色も山城ならではですね。

こちらは、馬洗池。

名前の通り、馬を洗う池で山の上にも関わらず水が尽きることがなかったそうです。

籠城時には、貴重な水の手としても使用されていたかも知れません。

こちらは、首据石。

浅井家臣の今井某が敵方である六角氏に通じていることが分かったために、その首を刎ねて見せしめに置いた石とされています。

こちらは、大広間跡に続く黒金門跡。

石垣の配置からして、櫓門形式だったんだろうなと個人的には感じました。

こちらは本丸の石垣。

中世の山城ですが、試験的に石垣が導入されていたそうです。

こちらは、大堀切

本丸と中丸跡の間にあり、非常に見ごたえのある遺構です。

こちらは、本丸跡。

浅井家当主の居館があったそうで、城の中心部と言える場所です。

ざっと巡った程度でしたが、個人的には山城の中でも上位に入ってくるレベルだなと感じる、いいお城でした。

100名城スタンプ設置場所

100名城スタンプは、小谷城戦国歴史資料館に設置されています。

これで、88城目ゲット!

100名城もあともうちょっとに、なってきましたね♪

【小谷城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

 

本日のお風呂とお宿

 

今日はこのあたりで店じまい。

本日のお宿は、道の駅 近江母の郷です。

琵琶湖湖畔に面した立地ですが、幹線道路からは少しだけ奥まったところにあるので、夜間は静かに過ごせると思います。

それではおやすみなさい。

【道の駅 近江母の郷】

おわりに

 

京都に行ったのを忘れてしまうくらい、あっという間の京都滞在でした。

少しもったいない気もしますが、京都は、日本一観光名所が多いけれど、車では日本一観光しにくいと個人的に思っているので、京都はまた今度日本一周が終わったらゆっくり訪れたいと思います。

明日は、彦根城を訪れたあとに愛知県へ向かいたいと思います。

雨も降るみたいなので、明日、明後日はスローペースかな?

では、また~

今日の収支

  • 食費:972円
  • 観光費:600円
  • 交通費:640円
  • 駐車代:500円
  • 合計:2,712円

移動距離

134キロ

達成項目

日本100名城:100分の88制覇

 







応援が励みになります!