【25日目】花・花・花 至る所に花がある街 富良野を巡る




Pocket

富良野は盆地だからか尋常じゃなく暑いです。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

25日目は、富良野を観光しました。

では、25日目の様子をどうぞ

 

花を愛でる

 

今日観光する富良野は、ぼくが楽しみにしていた街の一つです。

富良野は、自然豊かなところで、北海道のほぼ中心に位置しています。

また、「富良野といえばラベンダー」というくらい、ラベンダー畑がとても多い街でもあります。

このラベンダー畑を見るために多くの人が訪れる、北海道でも人気の観光地の一つです。

今日の行動予定は、「富良野で4つのラベンダー畑を巡る

花が似合う男かどうかはさておき、25日目はこんな感じでいこうと思います。

「男一人の花畑はさすがに初めてだな…」

 

ラベンダー畑を巡る

 

朝の7時ごろに道の駅南ふらのを出発です。

今日は、朝から日差しが強くとても暑くなりそうです。

新緑の林道気持ちよくを走っていると、ほどなくして、最初のラベンダー畑に到着です。

1.一番人気ファーム富田

まず朝一番でやってきたのは

ファーム富田です。

数ある富良野のラベンダー畑の中で一番人気が高いと言われているところです。

さっそく園内に入ってみます。

人気が高いだけのことはあり、園内は清掃が行き届いておりとても綺麗です。

肝心のラベンダー畑は…

「まだ、つぼみだな…時期が早かったのかな?」

綺麗なことは間違いないのですが、もっと迫力があると思っていたので少し残念です。

もっとも、まだつぼみということはこれからが見ごろなのでしょう。

※ファーム富田に限らず「7月7日現在」他のラベンダー畑もまだつぼみでした。

蜂がせっせと蜜を集めています。なんだかシマシマでかわいい蜂ですね。

ファーム富田には3キロほど離れたところに、イーストファームもあるのでそちらも覗いてみました。

こちらもまだつぼみですが、ラベンダー畑としての規模はかなり大きいので花が咲くころは一面が紫になりとてもきれいだと思います。

さすが、1番人気だけあり、飲食店の数・施設の綺麗さ・農園の規模・歩きやすさなど安定感が他のラベンダー畑よりもあると感じました。

【ファーム富田】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

2.穏やかな景色が味わえる 日の出公園ラベンダー園

お次にやってきたラベンダー畑は

日の出公園ラベンダー園です。

この公園は、少し小高い丘の上から、ラベンダーと上富良野の街を見下ろすことが出来ます。

丘の頂上までの道のりです。白く見えるのが展望台です。頂上までのリフトもありますがもちろん徒歩で登ります。

歩道も整備されていて歩きにくい丘ではありませんが、とにかく風もなく暑い…汗掻きなので、登りきるころには汗が滝の様でした。

頂上からの景色は

遮るものがなく美しい。

「ここが一面紫だったらよりきれいなんだろうな」

こちらもまだつぼみなので、一面の紫色はもう少し先になりそうです。

【日の出公園ラベンダー園】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

3.眺望は一番 北星山町営ラベンダー園

3番目はこちら、

北星山町営ラベンダー園です。

ここは、町が管理するラベンダー園で、山の山麓にラベンダーが植えられています。

町営らしく「なかふらの」という文字が山の中腹に刻まれています。

ここは、先ほどの日の出公園より登りがきついです。頂上まで行くためにほとんどの人がリフトを使用していました。

ぼく「リフトで300円払うのなら、登って汗まみれになってやる」

5分後・・・

「あづいー。溶けるー…」

暑いのは一番苦手です。やっとの思いで、たどり着いた山頂からの景色は

「まさに、大自然」ラベンダー畑の背景にうっすらと十勝岳が見えます。綺麗に晴れた日の景色は今日訪れたラベンダー園の中でNO.1だと思います。

こちらは、山の中腹からとった景色。個人的には中腹の方がきれいに感じました。

ここもラベンダーはまだつぼみでしたが、他のラベンダー園では見なかった、綺麗なひまわりが咲いていました。

「なんだか得した気分」

【北星山町営ラベンダー園】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

4.自然な雰囲気を味わえる 彩香の里佐々木ファーム

最後にやってきたラベンダー畑は、

彩香の里佐々木ファームです。

こちらは、少し森の中にあるラベンダー園です。

こちらも丘陵地に位置しており、少し登ったところに展望台があります。

足元は、砂利道なので他のラベンダー園より若干歩きにくいかも知れません。

いつも通り展望台を目指しますが、もうこの頃には、汗まみれなのでもはや暑い以外の感情を失っています。

彩香の里のラベンダーが一番つぼみが多い印象を受けたので、満開になるのは他の3つと比べると少し遅いかも知れません。

【彩香の里佐々木ファーム】

  • 所要時間:45分
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

4つのラベンダー園を歩いた結果

結果だけ見ると「見ごろはまだ先」ということで間違いないと思います。

今回、撮った写真はつぼみの中でも紫が濃いところの写真ばかりです。

紫色が濃いところは、ラベンダー畑全体の2割から3割程度でした。

通常であれば、7月の上旬から下旬にかけてが見ごろになるそうなので今年は少し遅いのかもしれません。

もっとも、つぼみが多いとはいえ、どのラベンダー畑も美しかったです。

あと10日もすれば満開になると思うので、北海道を回り終えたときに余裕があれば、もう一度寄ってリベンジしたいと思います。

 

ジンギスカン白樺で昼食

 

汗を尋常じゃなく掻いたので、お昼はがっつり食べたいと思いやってきたのは、

ジンギスカン白樺さん

北海道に来たら一度はジンギスカンを食べようと思っていたので、行ってみました。

注文したのは、ラム(左)とマトン(右)の2種類。

どちらも臭みがなく食べやすかったです。個人的にはマトンの方が柔らかくお好みでした。


肉がうまいのはもちろんのこと、たれがことのほか美味しいです。黙々と食べ続けあっという間に完食。

エネルギチャージを済ませ、体力もばっちり回復です。
ごちそうさまでした。

【ジンギスカン白樺 富良野店】

  • 料金:1,490円

神秘的 美瑛青い池

 

ラベンダー畑巡りと昼食を終えた後は、美瑛にある青い池を目指します。

この池はもともと存在した池ではなく、作られた人造湖です。

青い池というと、白神山地で青池を見ましたがどちらがより青いのか気になるところです。

目的の青い池は、富良野方面から山道に入り、あっという間に到着しました。

平日の昼間からですが、ツアーバスも有り多くの観光客でにぎわっていました。

駐車場からは、歩いてすぐに池に到着しますが、それにしても暑い、暑すぎる。

それもそのはず、今日の北海道は2年ぶりに猛暑日になった町もあるそうです。どうりで暑いわけです。

一抹の清涼感を求めてたどり着いた池はどうでしょうか?

「どれどれ、実際の青さはどんなものかな?」

「おー!確かに青いね!ここは白神山地と違って優しい青だな。」

ちなみに、白神山地の青池はこんな感じ

白神山地の青池は吸い込まれるような青でしたが、こちらは青というより水色に近い感じです。

全くベクトルの違う青色ですが、こちらも負けず劣らず綺麗です。

池が青くなる理由は、この辺りの水に含まれるコロイドという物質が光に反射して人間の目には青く見えるそうなのですが、詳しい理由はまだわかっていないそうです。

そこもまた、神秘的ですね。

近くを流れる川も青いです。

美瑛の青い池は、池の青さとたたずんでいる枯れた木が織り成すとても神秘的な風景でした。

「今度は、冬に来てみたいね」

【白金青い池 美瑛】

  • 所要時間:50分
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

本日のお風呂とお宿

 

今日も汗をたくさん掻いたので、まずはお風呂から

本日のお風呂

松の湯さんです。

いたって普通の銭湯ですが、それがまた心地よい。

シャンプー類が一切ないのが昔ながらで良かったです。

【松の湯】

  • 料金:440円

今日のお宿

道の駅 びえい「丘のくら」です。

駅のほぼ前、街の中心街にある道の駅なので、少しうるさいです。

あまり車中泊には向いていないかもしれません。

【道の駅 びえい「丘のくら」】

 

おわりに

今日は、久々に自然を満喫した一日でした。自然は素晴らしいのですが、暑いのだけは苦手でイライラするのでもう少し収まってもらいたいです。(切実)

明日は、美瑛の街をぶらぶら散策します。

今日の収支

  • 食費:1,690円
  • 風呂代:440円
  • 合計:2,130円

移動距離

72キロ

達成項目

なし

 







応援が励みになります!