【32日目】日本最北端の地 宗谷岬へ




Pocket

昨日の後遺症でお尻が痛い・・・

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

32日目は、日本の最北端である宗谷岬を訪れました。北の端まで来たことに喜びを感じます。

それでは、32日目の様子をどうぞ

 

礼文島は泣く泣く諦める

 

「あー、お尻が痛い」

お尻の痛みで目が覚めるという、なんとも悪い寝起きです。

昨日は、久々の野宿で一晩を過ごしましたが、思いの外、快適に寝ることが出来ました。

今日は礼文島に乗り込むつもりでしたが、それはある理由でできそうもありません・・・

ご覧のとおり、波と風がとても強いです。風に至っては立っているのが困難なほど吹き荒れています。

礼文島では、海岸線を歩いたり、トレッキングしようと思っていたのですが、どうもこの天気では安全に楽しむことは難しそうです。

利尻島に来たのであれば、礼文島も行きたかったのですが、以上の点から泣く泣く諦めようと思います。

代わりに今日は、稚内へ戻り、日本最北の地・宗谷岬を目指します。

 

宗谷岬を目指す

 

再びフェリーの船旅を終え、稚内へ戻ってきました。

たった1日車に乗らなかっただけですが、すごく久しぶりのように感じます。

稚内市街から、宗谷岬まではおおよそ30分ほどの道のりなので、すぐに到着します。

車は、アクセルを踏むだけで進むので楽ちんですね。

最北の給油所

宗谷岬付近には、最北の給油所があります。

最北のガソリンスタンドの名前は、「安田石油店」です。

こちらのお店で、給油するとあるものがもらえるということで寄ってみました。

そのあるものとは、

手作り貝殻のキーホルダー最北端給油証明書です。

キーホルダーの裏には

「交通安全」の文字が書かれていました。

こういった細やかな心配りは嬉しいですね。旅のお守りとして大事に使わせて頂きます。

【安田石油店】

 

1つ目達成・最北制覇

 

ガソリンの給油も終え、ついに日本最北端の地へやってきました。

最北端の碑の近くには、蝦夷地探検の第一人者である間宮林蔵の銅像。

そしてお待ちかねの

宗谷岬にある日本最北端の碑です。

記念撮影のスポットとしてとても有名ですね。

千葉を出発してから32日目、ついに日本の最北までたどり着きました。

なんだか、いざ最北の地に立つと心にくるものがあります。

「あんなことや、こんなことがあったなぁ・・・」

ここまで来た感傷に浸っていますが、ここは通過点に過ぎません。

まだまだ旅も続いていくので、今後の旅の成功を誓い、最北の地を後にします。

【宗谷岬】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:0円
  • 駐車場:無料駐車場有

 

ホタテの村 猿払村へ

 

宗谷岬を離れた後は、海岸線を進み猿払村を目指します。

猿払村にやってきた理由は、先日道の駅ほっと・はぼろにて、お風呂を半額でご一緒させて頂いた坂野さんから、「ホタテを一緒に食べよう」というお誘いを頂いたからです。

お世話になりっぱなしで、悪いなと思いながらも、ご厚意に甘えさせて頂くことに・・・

いつも、僕の動向を気にかけてくださる方で、利尻島に渡る際もたくさんアドバイスを頂きました。

本当にありがとうございます。

そんな優しいお方とご一緒させて頂き道の駅に併設されている、レストランへ

流石日本一のホタテの村です。食べる前から期待が高まります。

ここでなんと、坂野さんがホタテのバター焼き定食をごちそうして頂きました。

本当にお世話になりっぱなしですいません・・・

やってきた定食は、

食べる前から美味しそうです。肝心の、ホタテのお味はというと、

「もう最高!甘くておいしい!」間違いありません。

ホタテは大きく、身の厚みがあり、食べごたえ最高でした。

流石ホタテ日本一の村ですね。名前に偽りなしです。

最高の夕ご飯をごちそう頂き、本当にありがとうございました。

 

本日のお風呂とお宿

 

今日は、そのまま猿払村で一泊です。

本日のお風呂とお宿

道の駅さるふつ公園です。

お風呂も敷地内にあるので、車中泊しやすくとても便利です。

この日は、15日に八代亜紀がやってくるお祭りがあるということで、駐車場はとても混んでいましたが、普段は静かで快適そうなところだと感じました。

【道の駅さるふつ公園】

  • 料金:300円

 

おわりに

 

礼文島へ行くことはできませんでしたが、最北端の地と美味しいホタテまでご馳走頂き最高の一日になりました。

坂野さん本当にありがとうございました。

明日は、オホーツク海沿いを進み紋別を目指そうと思います。

今日の収支

  • ガソリン代:1,350円
  • 食費:680円
  • 風呂代:300円
  • フェリー代:2,140円
  • 合計:4,470円

移動距離

63キロ

達成項目

日本最北端制覇

 







応援が励みになります!