【52日目】祭りの余韻に動かされ岩手へ向かう




Pocket

南に進むにつれて少しづつ暑さが戻ってた気がします。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

52日目は、岩手県を目指して南下しました。

それでは、52日目の様子をどうぞ。

 

青森県を脱出する

 

「昨日のねぶた祭りはすごかったなぁ・・・」

今思い出しても、祭りの様子が鮮明に浮かんできて、祭りの雰囲気に酔っています。

今日もねぶた祭りを見たいところですが、この後に決まっている予定があるため青森県を離れなければいけません。

想像以上にねぶたが素晴らしかったので、先に予定入れなければよかったと少し後悔しています。

よく言われますが、「後悔先に立たず」ということです。

仕方がないので、祭りの楽しい雰囲気に寄ったまま一気に南下して青森県を離れようと思います。

もちろん祭りの勢いのごとく暴れる訳ではなく、安全運転で岩手県へ向かいます。

「ほんとに楽しかったな・・・さらば青森!今度はハネトでまた来ます!」

 

17城目!根城

 

岩手に向かう最中に青森県で二つほどやり残しがあるのでそれを回収しておきます。

まずやってきたのは根城です。

青森県では弘前城と同じく日本100名城に選定されています。

旅の目的の一つである100名城スタンプをしっかり回収してから岩手を目指します。

それでは、いつものやっておきます。

ざっくり説明コーナー

根城は、青森県弘前市にある平山城です。築城年は1334年で南北朝時代まで遡る歴史ある城です。

この城は南部氏の支城の一つで、一族である根城南部氏の居城として使用されていました。

根城南部氏は一時、主家である三戸南部氏を凌ぐほどの力を持っていましたが、だんだんと立場が逆転して一族の配下として扱われたようです。

立場が逆転してからも南部氏の主要な城としての役割を続け、1627年に廃城となるまでは八戸の街づくりにも一役買った重要なお城です。

根城は一時期、南部氏の拠点として使用されていたこともあり遺構はしっかりと残されているので当時の雰囲気は十分に感じられる城と言えるでしょう。

城へ向かう

車は博物館前の駐車場に無料で駐車できます。ここから歩いて本丸へ向かいましょう。

まずは、門をくぐります。

本丸へは綺麗に手入れされた道を歩きます。歩いているだけで開放感があり気持ちが良い場所です。

歩くこと5分ほどで本丸へ到着しました。

本丸の周りは、堅固な柵と堀で守られていたようです。根城には石垣は用いられなかったようですね。

縄張りを確認した後は、内部へ入ります。

様々な遺構がありますが、特に目を引くのがこちらの主殿です。本丸で最も重要な施設で来客を迎えたり儀式の場として使用されていたようです。

 

主殿の内部は昔の様子が再現されているので、簡単に当時の様子を知ることが出来ます。

見学自体は、1時間もあれば十分でそこまで大きな城跡ではありませんでしたが、当時の様子が細部再現されており綺麗で見学しやすい城跡でした。

100名城スタンプ設置場所

100名城のスタンプは、史跡根城の広場の東門にある入場券売り場八戸市博物館に設置されています。

今回は、八戸市博物館でスタンプを押しました。

17城目ゲット!これにて日本100名城青森県は制覇です。

【史跡根城の広場】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:250円
  • 駐車場:八戸市博物館脇に無料駐車場有

 

なんか採って食べる:青森編

 

青森県ラストはこの企画をやっておきます。

なんか採って食べる青森編!

やってきたのは、青森県のとある磯です。

青森県では何を狙うかというと・・・

こいつです。磯でよく見かける名前も知らない巻貝

気になって調べてみたところ、クボ貝という名前だそうです。

食用としては、ほとんど流通していないのでスーパーで見かけることは無いと思います。

磯に行くと必ずと言っていいほど見かけるので、ずっと前から「食べたらどんな味がするんだろう?」と思っていたんですよね。

もし美味しかったら、かなり手ごろに採れるので今後の食糧の当てになるかも知れません。

採り方はとても簡単、手で触れればポロリと落ちるのでそれを捕まえるだけです。

3分ほどで

10匹ほど取れました。なるべく大きい物を狙いましたが、とても小さな貝なので最大でも2センチ程度です。

それでは、これを食べてみようと思います。

「美味しいかどうか長年の疑問を解くときがやってきたな!」

【食材データ】

  • 名称:クボ貝
  • 産地:青森県八戸市産
  • 食用部分:胴体部分

調理方法

今回は、シンプルに茹でようと思います。

適量の塩と酒を少々入れて、15分ほど煮詰めたら完成です。

出来上がりはこちら

ゆでてもあんまり見た目は変わりませんね。←当たり前だ

食べるために身を出してみましたが中身はほとんどありませんが見た目はサザエにそっくりです。

肝心のお味の方は・・・

「うん。シンプルにおいしいやつだ。」

小さくてもしっかり貝の味がするので、お味噌汁なんかにしてもいい出汁が出そう。普通においしいです。

ただ、身が小さいのでかなりの数を食べないと満足感は薄いかも知れません。

この辺りが、食用として流通しない理由かもしれませんね。

個人的には、全然ありな食材でしたのでおかずに困ったら食べようと思います。。

本日のお風呂とお宿

 

青森県でのやり残しを終え、岩手県久慈市へやってきました。

今日は、肩の痛みも良くなったのでお風呂には入りません。節約します。

本日のお宿

道の駅くじです。

ショップが充実していて、惣菜から新鮮な海産物が購入できるので車中泊の補給にも便利な道の駅です。

街中にあるので、夜はもしかしたら少しうるさいかも知れません。

【道の駅くじ】

おわりに

 

今日は、青森県から岩手県へ入りましたが、昨日がハードだった反動か朝の出だしも遅くコインランドリーへ行ったりかなりスローな一日でした。

これが、メリハリというやつですかね・・・

明日からは、岩手県を本格的に旅しようと思います。

今日の収支

  • 食費:1,018円
  • 観光費:250円
  • 合計:1,268円

移動距離

145キロ

達成項目

日本100名城:100分の17制覇

狩猟実績:47分の8







応援が励みになります!