【57日目・58日目】生か死か in盛岡【後編】




Pocket

こちらは前回からの続きで58日目の様子になります。

前回の続きはこちらから→【57日目・58日目】生か死か in盛岡【前編】

さっそくPCがどうなったのか結末を見ていきましょう。

それでは、58日目の様子をどうぞ。

 

まずは朝ご飯:福田パンへ

 

すぐにでもPCの結果を知りたいところですが、点検の関係でPCを回収しに行くのは11時と決まっています。

時間が来るまでにに盛岡でやるべきことをやっておくとしましょう。

その前にお腹もすいたので朝ご飯から、

福田パンへやってきました。(昨日から食べてばかり)

盛岡市民のソウルフードともいえるお店で、コッペパンを50種類以上のトッピングから自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

朝の7時から開店するのですが、8時前に到着した時点で雨にもかかわらず30人近くの行列が・・・

他県ナンバーもちらほらあり、それだけで人気な店かが分かります。

店内に入店すると

たくさんのメニューボードが目に入ります。

順番を待つ間もどの味にしようか考えている楽しさがあるので行列が苦になりません。

ただ、全部の味をコンプリートするまでにはかなりの時間がかかりそうです。

料金設定はこんなかんじ。

甘い系は、値段の高い方に準ずるようです。調理系は足し算方式なので組み合わせ次第では高くなる傾向にあるようです。

基本的には、情報通り自由にカスタマイズできるのは間違いなさそうです。

ただし、甘い系と調理系を組み合わせることはできないそうなので、カレー+ホイップなどの組み合わせはできないのであしからず。

注文方法は、お姉さんに味の組み合わせを口頭で伝えるだけなので、とても簡単です。

注文の際に何も言わないと強制的にミックスになるので、半々が良い場合は半々と伝えましょう。

こなれた様子で、素早く作ってくれますので回転率はかなり速いです。

実際に注文したのは、こちらの4つ。シールを張ってくれているので間違うことはありません。

1番人気のあんバターを食べてみましたが、コッペパン自体がもっちりしていて、かなり大きく具材も端までしっかり詰まっているので、1つ食べるだけでかなりの満足感があります。

これは、人気が出るのが分かります。

今日は、この4つをご飯代わりにして1日を凌ぎたいと思います。昨日食べすぎたからね・・・

ちなみに、福田パンは市内のスーパーでも買うことができます。

味のカスタマイズはできませんが、行列に並ぶ必要がないので時間がない人はスーパーで買うのもありかもしれません。

【福田パン】

  • 料金:965円
  • 駐車場:店舗前に無料駐車場有

 

18城目!盛岡城

 

朝ご飯の後にやることは、決まっています。

盛岡でやらなければいけないことは、やはり100名城めぐりです。

まずは、久々のこれをやっておきます。

ざっくり説明コーナー

盛岡城は、1598年に築城された平山城です。

築城者は、南部信直ですが完成したのは1615年ごろと言われています。城主は代々南部氏が務めました。

城主を務めた南部氏は、岩手県から青森県にかけてを支配した大名で、最大勢力時には「三日月が 丸くなるまで 南部領」と言われるほど広大な領地を支配していました。

しかし、あまりに領地を急激に拡大したため支配体制が追いつかず、家臣の謀反やお家騒動等もあり広かった領地は一気に減っていきます。

まさに、盛者必衰というやつですね。

しかし、ここで滅亡まで行かず踏みとどまったのが南部氏です。

反乱を起こしそうな家臣を粛清して中央集権化(簡単に言うとジャイアン化)を進めたり、豊臣秀吉や徳川家康に着いて実力者の後ろ盾を得たりして、どうにかこうにか生き抜いてきました。

最終的には関ケ原の戦いで東軍に着いたことで代々盛岡藩を任せられることになりましたのでハッピーエンドです。

南部氏だけではありませんが、権力者について家の存続を図る立ち回りのうまさは、乱世を生き抜いてきた大名のしたたかさと言えるかもしれません。

そんな南部氏が作り上げた盛岡城は、築城年代が遅いこともあり、戦争で使用されたことはないようです。

ただし、盛岡のシンボルとして政治的な役割を担い盛岡藩の発展に一役買った城と言えるでしょう。

城へ向かう

さっそく城へ向かいましょう。

近くに無料駐車場はないので、有料駐車場に駐車します。

現在の盛岡城は、公園としての役割が強く天守などは残されていません。

桜の名所でもあるので、桜の時期になると非常ににぎわいます。

一度桜を見に来たことがありますが、かなり人が多かったことを覚えています。

城内の様子は、

公園化されているので、広場が多いですが、残っている石垣が見事です。

天守へはこちらの朱塗りの橋を渡っていきます。

こちらは、天守です。銅像の台座のみが残っていますが、もともとは騎馬像がありました。

戦争で不足している銅を補うために供出されたそうです。

いつの日か、台座に銅像が帰ってくることはあるのでしょうか?

きちんと水の手を確保するために井戸も備えられています。

とにかく石垣が美しい城ですが、個人的には神山稲荷来輪跡から見る石垣が迫力があり好きでした。

皆さんも好きな石垣の角度と見え方を探してみてくださいね。

100名城スタンプ設置場所

盛岡城に隣接する、もりおか歴史文化館に設置されています。

もりおか歴史文化館の内部は、盛岡藩の成り立ちや南部氏の歴史について展示されているので合わせて見学すると盛岡の街並みも分かるのでいい勉強になります。

18城目ゲット!(間違えて17日と書いてしまいました)

盛岡でやることも終え時間も良いタイミングなので、いよいよPC救出へ向かいます。
【盛岡城】

  • 料金:無料(もりおか歴史文化館300円)
  • 駐車場:付近に有料有料駐車場多数有

診断の結果は・・・

 

帰ってきました。PC DEPOT盛岡本店

「もう、買い替えの覚悟はできている!10万でも20万円でも出してやるぜ!」

心の整理はついているので買い替えをする気満々で、診断を聞きに行きます。

そこで与えられた、診断の結果は・・・

店員「昨日のうちに連絡すればよかったのですが・・・」

自分(あーやっぱり直らなかったやつだ・・・まあ仕方ないね)

想定通りなので驚きはありません。しかし、そのあと驚愕の一言が!

 

店員「お預かりしていたPCは直りました。」

 

自分「・・・じゃあ、買い替えま・・・!!!えっ?直ったんですか?」

キツネにつままれた気分でしたが、なぜだか直ってしまいました。

店員さんに聞いても、理由は教えてくれませんでしたが(たぶん聞いてもわからない)、とにかく無事に直ったという最高の結末になりました。

「一時的に直っただけかも」と言われましたが、買い替えを考えて自分にとってはこれ以上ない喜びです。

良いことは重なり、修理に一切お金がかからず手元に帰ってきました。

さらに、店員さんがすごくいい人で、日本一周の話をしたら有料のカスタマイズを無償でやってくれました。

あなたは、神か何かですかね・・・(涙)

一連のPC騒動は、こうして最高の結末を迎えることになりました。

100点以上の結末にこの先何か悪いことがあるような気がして怖いぐらいですが、今はこの事実を喜びたいと思います。

ブログも再開できるし、言うことはありません。

これで、明日から本格的に旅の再開が出来ます!

「いやぁ、本当に良かった!」

 

本日のお風呂とお宿

 

もう気分はウキウキです。槍でも鉄砲でももってこいって感じです(なんかちがう)。

盛岡市ではやることは全て済ませたので、明日からの旅に備えて移動します。

お風呂には昨日入りすぎた?ので入りません。節約節約。

本日のお宿

道の駅みずさわです。

すっかり到着が遅くなってしまいましたが、トイレも綺麗で過ごしやすそうです。

久々に道の駅に泊まるとなんだか安心しますね。

【道の駅みずさわ】

 

おわりに

 

一連のPC騒動は、最高の結末で終わりました。

とにかくここまで長かった気がします。また、お待たせして大変申し訳ありませんでした。

ブログの更新もこれからは問題なくできそうなので、引き続きよろしくお願いします。

明日からは、本格的に旅を再開します。

今日の収支

  • 食費:965円
  • 観光費:300円
  • 駐車代:100円
  • 合計:1,365円

移動距離

102キロ

達成項目

日本100名城:100分の18制覇

 







応援が励みになります!