【6日目・7日目】いいことばかりじゃないからさ




Pocket

6・7日目は2日分になります。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

6日目は、那須塩原方面に向かいました。

栃木県編は長くなりました。

まずは、6日目の様子です。

 

なんか採って食べる:栃木編

 

6日目の朝は、この企画からスタートします。

今までの結果を振り返ってみると、東京都でイチョウ、埼玉県でタンポポ。

見事なまでの草食動物です。

そろそろ動物系タンパク質を狙いたいところです。(言い方が生々しい)

というわけで今回は、那須塩原市の小川でやってみたいと思います。

方法はいたってシンプル。網ですくって何か捕まれば良しということです。

何が捕まるか分かりませんが、それもまたお楽しみ。何も捕まらなかったらまた野草を食べます。それは、いやだ…

では、早速やってみましょう。

田んぼの脇を流れる小川です。どんな生き物が潜んでいるのでしょうか。網でガサゴソしてみます。

15分経過・・・

30分経過・・・

60分経過・・・

「なんも採れない…はあ、結局今回も野草か…」

今回のターゲット

野草なら、自然豊かなのですぐ見つかります。

花が咲いていてよく目立っていたので、この野草を頂きます。

ハルジオンです。貧乏草とも呼ばれていて、折ると貧乏になるとかならないとか?

すでに貧乏人には、関係ないね。(ヤケクソ)

さあ、食うぞ!

【食材データ】

  • 名称:ハルジオン
  • 産地:栃木県那須塩原産
  • 食用部分:つぼみと葉の部分

生で食べる

いつも通り生で食べてみます。

リアクションはこちら

1時間歩きまわって何も採れなかった絶望感が出すぎています。

なんか、食べたことあるお味に近い・・・これは、春菊に近いお味がするぞ。

今までのものよりはるかにましな気がします。

ゆでてみる

やっぱり春菊だ。茹でても春菊のような味がします。

これは、普通にいける野草です。

野菜不足に陥ったら今後は摘んで食べることにします。

 

ラーメン?焼きそば?不思議な食べ物を食べる

 

那須塩原市には、とても不思議なご当地料理があると教えて頂き、やってきたのがこちらのお店。

こばや食堂さん

でもよく見ると…

【休日】の文字が

今日は、消防の操法大会があるのでお休みとのこと。地域の行事なら仕方ないですね。

なんか今日は踏んだり蹴ったりです。

こんなこともあろうかと(大嘘)、気持ちを切り替えリストアップしていた他のお店へ向かいます。

お邪魔したのはこちら釜彦さん

先程のこばや食堂と並んで、那須の2大人気店だそうです。

では、どんなものが食べられるかというと、スープの中に焼きそばを入れた料理。

その名も、スープ焼きそばが食べられるお店です。

ラーメンも好き、焼きそばも好きですが、いったいどんなお味なんでしょうか。

11時の開店前に到着しましたが、すでに行列が出来ています。

一人だったこともありすぐに入店できました。

もちろんスープ焼きそばを注文します。お値段750円なり。

本当に焼きそばがスープの中に浮かんでいます。

具材は、なると・キャベツ・鶏肉が入っています。

お味は、醤油スープのラーメンのようだけれども確かに、焼きそばの風味もする。意外にもこの組み合わせがマッチしている。

不思議な味に戸惑いつつも、美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

【釜彦】

  • 料金:750円

 

サブバッテリーシステムを作っていただく

 

実はこれが、那須塩原市にお邪魔した本当の目的です。

サブバッテリーは、前々から欲しいと思ってはいたものの、文系一筋25年のぼくには、電気の関係をいじるのは怖かったのです。知らないでやってみて車が壊れたなんて目も当てられません。

半ばあきらめかけていたところ、SNS上で知り合った方から、「良かったら作り方を教えます」とのご連絡があり、それに飛びついた次第です。

そもそも、「サブバッテリー?なにそれおいしいの」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが(いるわけない)、車中泊をするうえで確保しておきたいのが電源です。

ぼくは、ブログを書く時に車内で作業しますが、いつも電源の確保に苦労します。

電気が自由に使えないことは、普段の生活に慣れてしまっていると考えられないですよね。

しかし、このサブバッテリーシステムさえあればこの問題は一気に解決します。車にいながら充電ができるのです。

サブバッテリーを作っていただいた田中瑞生さん

田中さんも過去に日本一周を2度経験しており、現在は奥様・猫ちゃんと一緒に車中泊をされるそうです。

ご自身の都合もある中、わざわざお時間を作っていただきました。本当にありがとうございます。

電源の自由が利くことで、とても旅が快適になりました。

 

本日のお風呂

 

田中さんから、「面白い温泉があるから」と言われてやって来た温泉です。

老松温泉

温泉通には有名らしいです。

とにかく見た目が衝撃的、湯船を実際に見るまで「やっているのか?」と思いました。

入ると気持ちの良い温泉で、記憶にも記録にも残る温泉でした。

老松温泉が気になる方はこちらをどうぞ

 

那須塩原の夜

 

お風呂を上がり、田中さんの元へ戻ります。

実は、田中さん那須塩原で「ペンションひみつ基地」を営んでおり、夜にいろいろとお話しさせて頂きました。

重たい話、軽い話など話は尽きず、那須塩原の夜は更けていくのでした。

6日目の収支

  • 食費:750円
  • 風呂代:500円
  • 雑費:15,645円(サブバッテリー代)
  • 合計:16,859円

6日目移動距離

160キロ

6日目の達成項目

狩猟実績:47分の3

 

7日目に突入

 

7日目の朝は、曇り空でスタートです。今日も暑くなりそうです。

ペンションの駐車場をご厚意でお貸し頂き、よく眠ることが出来ました。

朝に、田中さんからお勧めの観光地やルートを教えて頂きました。

本当に、2日間ありがとうございました。

こういう人の恩に報いるためにも改めて旅を成功させようと決意も新たに出発です。

 

5城目!足利氏館

 

サブバッテリーの調子も快適で、那須高原の空気を感じながら、栃木の南側へ戻ります。

日本100名城の5つ目は足利氏館です。

ここで、いつものコーナーを軽くやっておきます。

足利氏館は、戦国時代のお城ではありません。

平安時代ごろの創建と伝わっています。

室町幕府を開いた足利尊氏のご先祖がこの地に建てたようです。

以来この地を足利氏発祥の地として、今まで奉られてきたところです。

近くには、日本最古の大学足利学校もあり、歴史の偉人を生み出した地として今も有名な観光地となっています。

それでは見てみます。

城らしい遺構として水堀があります。しかし、お城らしいのはこれくらいです。

足利氏館は、鑁阿寺(ばんなじ)とも呼ばれています。

城というよりお寺ですね。

【鑁阿寺】

  • 料金:無料
  • 所要時間:40分

100名城スタンプ設置場所

スタンプは本堂に設置されています。本当にただのお寺です。

 

5つ目ゲット!

「スタンプも手に入れたし、ついでに足利氏館も行っておくか!」

歩くこと5分後・・・

【本日休館】

月に一度の日をピンポイントで引き当てるとは、自分の不注意とはいえ、この2日はこんなのばっかりだな・・・

 

今日はあきらめる

 

こういう気分のならないことが続くときは、洗いざらい忘れてしまうに限るということで、今日は休息日にします。(朝、頑張る言うたやん)

本当は、群馬まで行きたかったのですが、「これもまた旅ってもんだ」と自分に言い聞かせます。

そこからは即行動。

急きょ、栃木に住む大学時代の部活の先輩と一夜を明かすことになり、思い出話となつかしさに花を咲かせ楽しみました。

いろんな人がいていろんな考えがあるなとあらためて感じる2日間でした。

明日からまた頑張ろうっと。

 

おわりに

 

栃木編がずいぶん長くなりましたが、明日からは、いよいよ群馬県に突入します。

今後は、城めぐりを加速させつつ、本格的に北上を開始します。

7日目の収支

  • 食費:139円
  • 風呂代:550円
  • 雑費:798円
  • 合計:1,487円

7日目移動距離

162キロ

7日目の達成項目

100分の5制覇

 

 







応援が励みになります!