【74日目】国宝松本城 もう終わっても悔いはない




Pocket

満足感しかありません。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

74日目は、松本城を見学した後に諏訪方面へ向かいました。

それでは本日のようすをどうぞ。

 

朝から最高!

 

「おはようございます!」

今日は朝から元気です。なぜかというと楽しみにしていた松本城に行く日だからです。

そして天気も昨日と同じく素晴らしい。

この辺りは雲海が発生しやすいのか分かりませんが、毎日のように見ることが出来ています。

「これって、結構すごいのかな?」

今日も朝から天気が良いので、いい気分で出発します。

 

27城目!松本城

 

やってきました、松本城。

この城は2度目の訪問ですが、ウキウキが止まりません。

気分は上がっていますが例にならい、入城前にいつものコーナーです。

ざっくり説明コーナー

松本城は、石川氏が築いた平城です。

現在も、五重六階の現存天守を残していることから、文化的価値が非常に高いお城で、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝となっています。

現存する天守は、連結複合式で大天守を含む5つの櫓で構成されています。

その天守の見事さから観光地としての知名度も抜群で、毎年多くの人が訪れることから日本の城の中でも1.2を争う人気のお城となっています。

城に興味がない人にでも「まあ、一度は見ときなさいよ」と言えるほど素晴らしいお城です。

日本の美を伝える城として、多大な功績を残していると言えるでしょう。

城へ向かう

城へ向かうために、まずは車を駐車します。

無料駐車場がなかったので、使用したのは、市営開智駐車場。松本城からも近く、料金も1時間200円(以降30分ごとに100円)と有料駐車場の中では安いです。

補足として、休日は松本市役所駐車場が無料で駐車できるそうです。

市営開智駐車場には無料のレンタサイクルもあるので、これを街中の移動に使用します。

ただし台数が5台程度と数に限りがあるので、早めの時間でないと借りるのは厳しいかも知れません。

これから、開門の8時30分までは少し時間があるので、今のうちに見て回れる場所に行ってしまおうと思います。

復元された太鼓門。天守と同じく黒塗りになっています。

内堀を挟んで撮影した天守。まだ朝早いので霧がかっています。晴れればもっときれいに見えると思います。

開門までは二の門前で待機します。もちろん一番乗りです。

「早く開かないかなー」

8時15分頃に並びましたが、30分の開門前の頃には30人以上並んでいました。さすが、人気のあるお城です。

そして待ちに待った

「城内一番乗りー!」

二の門の先にある一の門は修復工事中で全景を見られませんでした。

「最近復元中多いな…次また来る理由が出来てうれしいけど」

そして、待ちに待った本丸へ

ドン!

ドドン!

「ぐへへへ」

思わずにやついてしまうほど黒を基調とした美しい天守です。連立式の櫓の配置もまた絶妙。見ていてこんなに気持ちが良い城は他にないかも知れません。

ここに、一番乗りの気持ちよさも相まって最高の気分です。

外観をたっぷり堪能した後は、城内へ

石落としや狭間も当時のままなので、ほかの城とは違い年季の重みを感じます。

城内の薄暗さが、当時の雰囲気を連想させてくれます。

当時のままの急な階段。攻め手が簡単に登れないように工夫されています。

そして階段を登り天守最上階へ

ここも一番乗りだったので、誰もいない最上階を独り占めできました。

「これが殿様気分というやつか…控えめに言って最高の気分だ!」

100名城スタンプ設置場所

100名城のスタンプは本丸にある松本城管理事務所に設置されています。

27城目ゲット!

「今までで一番うれしいスタンプです。」

【松本城】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:610円
  • 駐車場:市営開智駐車場

城下町散策へ

 

お城を堪能した後は、松本城の城下町へ借りた自転車に乗って繰り出します。

まずやってきたのは、縄手通り。城の南総堀と女鳥羽川にはさまれた縄のように細い通りであることからつけられました。

歩行者天国の通りで四柱神社の参道として発展し、駄菓子屋さんや骨董品を扱うお店が軒を連ねます。

こちらは、四柱神社。名前の通り四つの神様が祀られており、どんな願いでも叶うそうです。

この日もご利益にあずかろうと朝からたくさんの参拝者が訪れていました。

こちらは、中町通り。白壁となまこ壁が立ち並ぶ趣ある街並みです。お土産屋さんや飲食店などのお店がたくさんありました。

こちらは、日本最古の小学校の一つ旧開智学校。先程の城下町を散策した後なので、時代の移り変わりをより強く感じることが出来ました。

松本は城下町も当時の趣を垣間見ることができる良い街でした。

「今度は、歩きでゆっくり回りたいな」

最後にまた松本城

城下町を散策し終えた後は、もう一度松本城へ戻ってきました。

霧もすっかり晴れたので、最高の松本城が見られるはずです。

デン!

デデン!

デデデン!

デデデデン!

「はぁ~」

思わずため息をついてしまうほど、ほれぼれするような美しさです。特に2枚目は水面に移る天守が素晴らしいの一言。

「これでもう、何も思い残すことはありません…」

 

ビーナスラインでまた絶景

 

「最高の気分だ~」

松本城の雰囲気に酔ったまま、諏訪を目指します。

松本からまっすぐ行けば、諏訪まで1時間程度ですが、今回はあえて山道を進み、絶景を見るために迂回をしていこうと思います。

美しすぎる美ヶ原高原

まずは、絶景ポイント美ヶ原高原を目指します。

山道をくねくねと登っていくと…

さっそく絶景が!これから目指す美ヶ原が遠くに見えています。

美ヶ原高原はドライブロードとしても有名なビーナスラインの最高点にあるので、道端には雪が積もっていました。

「山の上はもう冬が来ているのか…(汗)」

ビーナスラインを走り抜け美ヶ原高原へ到着!日本で一番標高の高い道の駅も併設されていて多くの人で賑わっていました。

そして肝心の美ヶ原高原からの景色は…

「いやぁ、ほんとに美しい。」

眼下に見下ろす街並みと遠くに連なる山々の美しさ。やっぱり長野県のポテンシャルは半端じゃないですね!

あらためて長野県、恐るべし!

【美ヶ原高原】

  • 所要時間:30分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

美味しいきのこ汁三峰茶屋

美ヶ原高原を後にし、諏訪に抜けるビーナスラインを走っている際にたまたま見かけた三峰茶屋。

なんだか不思議な魅力を感じたので寄ってみることに。

お茶屋さんらしく、軽食や地元のお土産が置いてありましたが、気になったのはこちらのきのこ汁。

ほんとは、地鶏の炭火焼きが食べたかったのは内緒(小声)

せっかくなので、一杯ごちそうになることに…

野外で食べることが出来たので、景色の良く見える位置で頂きました。

「綺麗な景色を見ながらの食事…なんて贅沢なんだ」

きのこ汁は優しい味わいで、すっと入ってくる美味しさです。

ロケーション抜群で頂ける、素敵な峠の茶屋でした。

【三峰茶屋】

  • 所要時間:30分
  • 料金:250円
  • 駐車場:無料駐車場有

本日のお風呂とお宿

 

ビーナスラインを抜け予定通り諏訪まで到達できたので、今日の旅はおしまいにします。

少し早いですが、諏訪大社を回るほどは時間がないので早めに休もうと思います。

本日のお風呂

湖畔の湯です。

地元の方にも人気の様で非常に込み合っていました。

料金が270円と安く、ぬるめのお湯でしたが熱いのが苦手な僕にはとても気持ちよく入ることが出来ました。

【湖畔の湯】

応援が励みになります!