【83日目】芸術の秋を富山で堪能する




Pocket

なんだか、意識高い人間になった気がする。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

83日目は、富山市方面へ向かいました。

それではどうぞ。

 

ついにお天気が…

 

「おはようございます。今日はお天気がいまいちです」

ついに長いこと続いていた快晴が途切れてしまいました。不敗神話ストップ…

予報も雨予報が出ていますが、こればっかりは仕方ないですね。むしろここまで良く持ってくれたと思います。

本日のルートの方は、砺波市スタート~富山市内~射水市ゴール予定です。

ただし、天気があまりよくなさそうなので、室内で見られるもの中心に巡りたいと思います。

「それでは、いってきます」

 

砺波チューリップ公園

 

まずやってきたのは、砺波チューリップ公園。

砺波市は市の花がチューリップになっており、花が咲く時期になると多くの人が訪れる公園です。

昨日泊まった道の駅砺波のすぐ隣にあり、この時は雨が降っていなかったので朝の散歩をしようと思いやってきました。

ウォーキングしている方もたくさんいて市民の憩いの場となっているようです。

チューリップの形をした展望台がありました。せっかくなので登ってみます。

「そりゃ咲いてないよね」

チューリップの時期ではないので、見ることのできるのは綺麗に整理された畝のみですが、これだけの土地一面にチューリップが咲く姿はそれは美しいだろうと想像できます。

時期問わず咲いているチューリップが見たい方は、公園のお隣にある『チューリップ四季彩館』で常設展示しているので足を運ぶのも良いと思います。

【チューリップ公園】

  • 所要時間:30分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

富山は朝の渋滞がすごい

 

朝の散歩でいい汗をかいた後は、富山市に移動します。

砺波市から富山の中心街までは、本来45分程度なのですが、朝の渋滞はすさまじいものがあり1時間30分近くかかってしまいました…

「こんなに長い渋滞にはまるのは旅に出て初めてだ…まさかの富山でとは…」

信号の調節が下手なのか、主要道路に車が集中しすぎて渋滞しているのか分かりませんが、今後は主要都市に向かう際は朝の通勤時間はさけるべきだなと思いました。

急いでいるので平気で割り込んでくる車もいるし…もらい事故をしたらたまったもんじゃありませんからね。

今後のいい教訓になりました。

 

世界一のスターバックスコーヒー

 

気を取り直してやってきたのは、富岩運河環水公園です。「ふがんうんがかんすいこうえん」と読みます。

かなり噛みそうなネーミングですね。

富山の中心街からほど近く、自然豊かで水鳥などが多く生息するオアシスとなっています。

そんな、富岩運河環水公園にあるのがこちら

世界一美しいスターバックスコーヒーです。

ガラス張りでおしゃれな建物ではありますが、一見すると世界一の要素が全く分からぬ。

世界一である理由は、こちらの天門橋の景色を含むトータルでの美しさだそうです。

言われてみれば、外国にいるかのような美しさがある気がします。

あ、ちなみにコーヒーは飲みません。スターバックスコーヒーはこの旅において財布への刺激が強すぎます(笑)

一度飲んだらまた行きたくなって歯止めが効かなくなってしまいますからね。

ただ、公園の景観を眺めながら飲むコーヒーはさぞおいしいことでしょう…

【富岩運河環水公園】

  • 所要時間:40分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

TOYAMAキラリ

 

今日は、まだまだ美しい場所を巡ります。

やってきたのは、TOYAMAキラリ。

有名建築家である隈研吾さんが設計の中心となって作られた、富山市立図書館・富山第一銀行・富山市ガラス美術館が入居する複合施設です。

ちなみに、銀行と図書館が一体になっている施設は全国でもここだけだそうです。

外見からしておしゃれな雰囲気漂います。

内部に入ると…

「なんだこれは…たまげたなぁ」

これでいて図書館だというのですから驚きです…

延々と続くように見える木の螺旋が作り上げる空間は、そこにいるだけでおしゃれになった気持ちにさせてくれるから不思議です。

「こんな図書館があるなんて…富山県民羨ましい。」

富山市ガラス美術館

お次は、TOYAMAキラリの内部にある富山市ガラス美術館を見学しようと思います。

この場所は、ガラスの街とやまを目指した街づくりの集大成として平成27年にできたばかりの施設です。

「なんかガラスって透明感があって好きなんだよな。もしかして心が汚れているからか?」←どうでもいい

展示品は、もちろん全てガラスでできています。

こちらの作品がある、6階展示室「グラス・アート・ガーデン」は現代ガラス美術の巨匠デイル・チフーリ氏の工房が制作した作品が展示されていて写真撮影も可能です。

補足として、チフーリ氏アメリカ最初の人間国宝にも選ばれているそれはもうすごい人だそうです。もちろん知らなかったけど(超小声)

以下は、美しい作品たちです。

木にぶっ刺さったようなガラスの針山の作品。

天井に敷き詰められたガラス色の光となっていて通路と一体化した作品。

水風船みたいなガラス玉が船に乗っている作品。

なんだかよくわからないが全部集めたような作品

「ぶ・ぶらぼー」

どういっていいかわからないけどとにかく綺麗だ(語彙力)

芸術作品には疎いので、「おー」「きれい」と言うばかりで何がすごいのかはよく分かりませんでしたが、とにかく心に残る美しさで感動しました。

こうして、芸術が分からない人にも美しさを伝えるのがすばらしい芸術家なんでしょうね。←無理やりいい方向にもっていく

唯一の難点として、TOYAMAキラリは専用駐車場がなく周囲のコインパーキングを使用する必要がありますが、富山市ガラス美術館入館料はたったの200円とかなりお手頃ですので楽しめる良いところでした。

【TOYAMAキラリ】

  • 所要時間:1時間
  • 料金:富山市ガラス美術館200円
  • 駐車場:専用駐車場はないため付近のコインパーキングを使用

久々の…

 

富山市での芸術鑑賞を堪能した後は、今日の目的地である射水市へやってきました。

そして久々の

海王丸

新湊大橋

海とご対面!

と言うより今までずっと海なし県にいたので、この旅初めての海ですね。

「やっぱり海もいいな」

思ったよりも目的地に早く着いたため時間があるので、新湊周辺を探索してみることにしました。

新湊きっときと市場。とあるカニ屋さんにそっくりの見た目です(小声)

地元の海産物を中心に取り扱っている市場で富山名物の白エビもありました。

世界最大ダイオウイカのするめの展示もありました。

そりゃ海でこんなのと出会ったらびっくりすること間違いないよな。

【新湊きっときと市場】

  • 所要時間:30分
  • 料金:無料
  • 駐車場:無料駐車場有

本日のお風呂とお宿

 

本日も無事に目的地へ着いたので、閉店と致します。

本日のお風呂は例にならって入りませんのでまっすぐお宿に向かいます。

本日のお宿

道の駅カモンパーク新湊です。

大型車と分離式の駐車場なので、夜は静かに過ごすことが出来そうです。

道の駅の白エビバーガーがおいしそうでした。(もちろん食べていない)

「それではおやすみなさい」

【道の駅カモンパーク新湊】

 

おわりに

 

本日は、柄にもなく美術館へ足を運んでみましたが、芸術作品の鑑賞も悪くないと思いました。

それにしても、富山市はおしゃれなスポットが多くてびっくりしました。今後どういう進化を遂げるのか非常に楽しみなところですね。

明日は、高岡市~氷見市方面へ向かいたいと思います。

今日の収支

  • 食費:521円
  • 観光費:200円
  • 駐車代:100円
  • 合計:821円

移動距離

77キロ

達成項目

なし







応援が励みになります!