日本一周の予行練習【道の駅オライはすぬま】で車中泊




Pocket

節約のため、朝ご飯を食べない生活もそろそろ慣れてきました。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

日本一周は車中泊で行いますが、旅に出る前の最終チェックということで、実際に車中泊をしてきました。

何事も予行練習は大事ですからね。ここで問題が発覚する可能性も…

今回は、久々の車中泊をしてきたので、その様子をお届けします。

 

道の駅オライはすぬま

 

まず今回お世話になる道の駅を紹介しておきます。

千葉県山武市蓮沼にある道の駅です。

オライはすぬま】は、時々テレビにも取り上げられるので道の駅好きな人なら知っていると思います。

九十九里浜から近く、県外から海に遊びに来た人や地元の人からも多く利用されている活気のある道の駅です。夏の時期は蓮沼ウォーターガーデンに県外からもたくさんの人が訪れるので利用客は増加します。

僕も、数十回は訪れている好きな道の駅の一つです。

個人的なおすすめとしては、九十九里名産のイワシを使い、かば焼き風の味付けをした「いわし丼」です。テレビにも取り上げられ、人気になっているので多少並ぶかもしれませんが、おいしさは保証します。

あとは、千葉で買えるお土産であまり知られていないのは「いわしのごま漬け」です。酢に漬けたイワシなので好き嫌いはあるかもしれませんが、酒好きの人はこちらもおすすめです。

九十九里のイワシは本当においしいですよ。

画像は今回は載せていない(営業時間外で写真が撮れませんでした)ので、気になる人はこちらから見てみてくださいね。

オライはすぬまホームページ

地図はこちら

 

車中泊のスタイル

 

以前の記事で内装を紹介したので、今回は車内で過ごすときのスタイルを紹介しておきます。

以前の記事はこちら

日本一周で使用する車【内装紹介】

自由時間

 

ランタンをつるし、明るさを確保しています。夏の時期は乾電池式の扇風機も設置してあります。

窓には、防犯のためのシェードをつけて外部から見えないようにしています。

普段は、ここで読書や次の日の旅の計画などを立てています。

就寝時

空気で膨らむマットを下に敷き、寝袋で寝ています。最初のうちは慣れも必要かもしれませんが、これだけでも十分快適な睡眠をとることが出来ます。さすがに家の布団には勝てませんが…

この時期はまだ、夜は涼しいので快適に寝ることが出来ますが、もう少し夏になると蒸し暑くて寝れたもんじゃありません。

夏の時期は、標高の高い道の駅を利用することが鉄則です。

 

おわりに

 

今回の車中泊は問題も出ず、快適に過ごすことが出来ました。

今回お世話になったオライはすぬまは、夜間は車通りも少なく、水洗トイレも完備してあるので、車中泊するには全く問題ないと思います。

様々な魅力のある車中泊ですが、行う人が増えてきたため、それにともないマナーの悪い人も増えてきているのが実状です。

その結果、だんだんと車中泊を規制する道の駅も増えてきています。

最悪の結果にならないためにも、一人一人が改めてマナーを守って楽しい車中泊をしましょう。

 

 







応援が励みになります!