日本一周で使用する車【内装紹介】




Pocket

関東も梅雨入りしましたね。日本一周はなるべく天気いい日が多いといいな。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

今回は、総工期間約3年をかけて作りあげた自動車の内部の様子について紹介します。

お金は、あえて触れないようにしておきます。むなしくなるだけだからね…

 

内装は木を基調

木。木。木。とにかく木です。

内装は基本的に木を基調にして作ってあります。

木の持つぬくもり、有機質な感じがすごく好きでこだわった部分です。

こちらは、トランクから見た内装です。

上に吊ってあるのが上部開閉式の棚。下は反転フロアボードを取り払い木で作り直したものになります。

白い網のケースは100均で自作したもので500円くらいでできました。

網の中には、すぐに使えるように寝具等を収納しています。

 

反転フロアボード下

 

反転フロアボードは正規品を使っていましたが、どうも使いにくい。重たいうえに、ふたを開けにくかったです。

物を取り出すときにスムーズにしたかったのでこちらも木に作り替えました。

反転フロアボードの下には普段あまり使わない折り畳みテーブルをしまってあります。

この上で寝ていますが、強度は十分で全く問題なく使用できます。

 

吊り棚内部

 

吊り棚も木で作ってあります。

走行中に落ちては困るので、頑丈にねじ止めしてあります。中央から上部に開閉することが出来ます。

こちらは、調理器具や消耗品を入れてあります。

開閉時以外は、荷物を置くこともできるので、就寝時は荷物置きとしても利用しています。

 

その他内装

 

こちらは、テーブルです。イレクターでテーブルの足を作っています。

日本一周中は、ここで簡単な食事やブログ更新などをやっていこうと思います。

おそらく、この旅で一番お世話になる場所だと思います。

天井収納です。さっと取り出したいものがある時に収納として重宝しています。

普段は、目隠しと防寒のために必要なシェードを収納してあります。

 

おわりに

 

いろんなものをくっつけてありますが、実はこれすぐに外せます。10分もあれば普通車に戻せるでしょう。

車中泊をする時に、ある程度内装がしっかりしていると秘密基地に泊まっているようで楽しいです。

自分で作ると愛着も沸くのでおすすめですよ。

 

 

 







応援が励みになります!