競馬って安全?素人が日本ダービーに行ってきた




Pocket

2017年5月28日に行われた第84回日本ダービーに行ってきました。

長いので2回に分けてお送りしたいと思います。

初心者が見てきた感想を交えながらサクッとレポートしていきます!

 

競馬に参戦した理由

 

僕は、タバコは吸わない(吸うと死んじゃう)、お酒飲まない(飲めない)、ギャンブル全般やったことないという超コストパフォーマンスの良い人間なのです。

「たぶん一生ギャンブルはやらないだろうな」

と以前は思っていたのですが、

社会に出てから、考え方が変わり

「やらないとわからないし、否定も肯定もできないからとりあえずやってみる」の精神にシフトしたのです。人間分からないものですね。

しかし、いろんなところに一人で出かけることは多いけれども、競馬場はハードルが高すぎる

競馬場のイメージがどうも良くないのです。おじさんがワンカップ片手に荒れ狂っているような気がする。

「おい兄ちゃん、ここはお前のような奴が来るところじゃねえぞ」なんて言われそう…

ということで、もっと素敵なダンディズムになってから行こうと半ばあきらめていたのですが、たまたま、ダービーの3日前に競馬好きの友人から誘いがあったのです。

「これは、天の与えた好機だ!競馬に行く機会を与えてくれた!行くしかないやろ!」と2つ返事で快諾。

こうして話はトントン進み競馬デビューを飾ることになったのです。

 

日本ダービーとは

 

競馬デビューを飾ることに決まったのですが、そもそも、日本ダービーってなに?木村カエラが歌ってるCM(いい歌だよね)しか知らないし、流石に情報がなさすぎる…

そこで日本ダービーについて調べると、

中央競馬「東京優駿競走」の通称。イギリスのダービーにならい1932年(昭和7)に創設されたサラブレッド系三歳馬のクラシック-レース。距離2400メートル。ダービー。
(大辞林 第3版より)

うん、全然わからん…最後のおまけのごとくについてる「ダービー」ってなんだよ

もう少し調べたのでまとめると

  • 2017年で第84回を迎える歴史ある大会
  • 現3歳馬最強を決める闘い
  • 最も幸運に恵まれた馬が勝つといわれるロマンあふれる大会
  • 毎年約15万人が訪れる競馬の最大級イベント(最大で19万人以上訪れ、日本競馬の最高動員記録もある)

おいおい、こんなのに行こうとしてるのか・・・しかし、祭りは大きい方が盛り上がる。

とにかく、すごいレースみたいで、期待も膨らみます。

 

いざ、東京競馬場へ

 

当日、9時に府中競馬正門前駅で待ち合わせの約束をし、無事時間内に到着。

「まずい、友人より早く到着してしまった」

競馬場のイメージはあまり良くないので正直不安です。駅を降りたら、早速絡まれる気がする…田舎者の妄想に拍車がかかります。

そんなことばかり考えていてもしょうがないので少しの待ち時間の間、駅周りを歩いてみることにしました。

まず、この駅は、競馬場のためだけに路線が引かれていますが、とにかく大きい。これだけで、東京競馬場の大きさが伺えるというものです。

改札を出てみると

早速、大きな看板がお出迎え。これだけでかっこいい。

集合場所は、「ハチ公前」ならぬ「黄金の馬前」が定番の模様。

競馬場の前らしく、様々な予報紙が販売されています。

駅を降りた率直な感想は、すごくきれい。ごみ一つなく整備が行き届いています。おじさんばかりではなく、家族連れから、若者同士がとても多い。みんなテーマパークに来たかのように楽しげな雰囲気です。

「なんだ意外と、大丈夫そうじゃん!ビビらせやがって!」

僕が訪れる前に抱いていた不安はすぐにかき消されました。はあ、スッキリした!(単純すぎる)

そうこうしているうちに友人も到着!いよいよ内部に突入します!

競馬場はアミューズメント施設

それでは、お待たせしました。内部の様子を見てみましょう。

ここが駅から直結する通路になっています。進んでいくと

入場券販売所があります。入場するには、200円でチケットを購入する必要がありますのでご用意ください。入場券にはスクラッチがついていて、当たるとクオカード等がもらえます。この辺りも、来た人を楽しませてくれる要素です。僕も友人も外れてしまいましたが…。

入場券を買ったらいよいよ競馬場内に

これは、内部の一部の様子ですが、ホテルやテーマパーク内と見間違うほど美しいです。チェーン店をはじめとする飲食店もたくさんあり、デートもできるレベルです。実際にデートスポットとして活用もされているそうです。(デート羨ましいのう)

また、子供の遊び場もあり家族連れも安心して来場できるように配慮されています。心配りがとても行き届いています。

さらに競馬場の敷地内の外では、

この日は、「どんぶりフェスタ」が開催されていました。時期ごとに催し物があり、来場するごとに、競馬以外も楽しめます。競馬場に来れば、ご当地グルメも食べられちゃうんですね。

さらには、

敷地内にある博物館で、僕の好きな漫画「キングダム」の個展も開かれていました。時間がなかったので行けなかったのがとても悔しい。こういったコラボ企画もあり楽しませてくれる部分がとても多いです。

ここに載せたものはあくまで一部分です。Suicaを当てるだけで景品がもらえるチャンス企画を開催したり、写真を撮影向けの場所が用意されていたり、1日では、すべて体験しきれませんでした。

それほどに競馬場は、広くて魅力がたくさんあるのです。

言い方を変えれば、200円を払って入場すれば、競馬をやらなくても楽しめる魅力がたくさんあるということでもあります。

いかがでしょうか、競馬場思っていたより悪くない。いや、楽しそうですよね!

長くなりましたので、次回からは肝心の「競馬に挑戦した結果」をお届けします。

次回記事はこちらからどうぞ

ビギナーズラックはあるのか?競馬初挑戦の結果

 

 







応援が励みになります!