【本音】よく聞かれるけど旅をする理由ってそんなに大事なこと?




Pocket

物事はシンプルでいいと思うのだよ。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

まずは宣伝から…

ぶり大根が美味しくできたので食べに来てください!

と言うのはもちろん冗談ですが、今回の記事は日本一周中に良く聞かれる質問に対して思った本音です。

かなりダークな部分でてますが(笑)

難しいことは何にもないので気になる方は見てやってくださいませ。

 

やたらと理由を聞きたがる

 

それじゃ、ここから本題です。

日本一周をしてると、人と接する機会は大なり小なりあります。

そんでもって、お話しすると大体聞かれるのが「なんで日本一周してるの?」と言うこと。

相手にとってみれば気になるだろうし、まったく悪意のない質問なのですが、この返答にはいささか困ります。

なぜなら、「やりたかったから」としか答えようがないから…

もう少し細かく言えば、「やりたいことをやるのに年を取ってからでは100%やれる保証がないから今やっている」となります。

これで終わってくれると良いのですが、「ん?たったそれだけ?」となってしまう人も少なからずいます。

これはいったい何がそうさせるのか?

ちょっと考えてみたいと思います。

日本一周の認識にズレがある

旅人の間では挨拶みたいなものなので聞かれても困らない

おそらくですが、当事者と質問者の間で日本一周と言うものの捉え方にズレがあるのだと思います。

個人としては、日本一周をするということは何ら特別なことではないし誇れることでもないので、こう答えるしかないのですが、日本一周を特別な目で見る人は少なからずおり、素晴らしい模範解答に期待しているフシがある。

 

  • 日本各地を見て回って今後の仕事に活かしたい!
  • 地方の現状を見て何かできることを探したい!

 

こういった目的で日本一周をしている人も確かにいますし、実際にあったこともあります。

これはこれで、文句なしに素晴らしいことですし、応援したくなる気持ちも分かります。

ただ、おそらくは「やってみたい」「おもしろそう」「夢だった」などシンプルな理由で日本一周をしている人が多いと思います。

実際自分もやってみたいという気持ちがほぼ100%で、出たとこ勝負で旅を楽しんでいる身分です。

旅は旅であってそれ以上でも以下でもないというのが偽らざる自分の本心です。

ただ、『わざわざ日本一周をしているからには、何か目的があるんだろう』という思い込みが少なからずあるかたもいるのは事実…

この回答と認識のズレが難しかったりするんだよな…

そして、こういう考え方の人にあたることが自分は多いんですよね(笑)

あと考えられる理由は、単純に自分の身分に置き換えた場合に旅をしている人間に対しての嫉妬や怒り、否定をしたいだけでしょうね。

隣の芝は青いってやつ。

前者ならまだ話になるんだけど、この否定論者にあたると一番めんどくさいんだ…(笑)

そしてガッカリされる

大して気にならないのですが、こういう回答をすると自分が想像していたものと違っていたのか露骨にがっかりする方もいらっしゃいます。

そのあとは決まって、若者よ大志を抱け的な言い方でなだめるような言い方をする人もいれば、あからさまに説教を垂れる人もいる。

これはこれで、そういう考え方もあるのかと冷めた目線で見ることもできるのですが、一言で言ってしまえば実にくだらないと思います。

「やかましいわ」って言ってやりたいんですけど、言うとそれはそれでめんどくさいことになるからね(小声)

深く知らない人にいきなりこんな話をされても、何も心に響かないし、こんな話を聞くくらいなら旅の計画でも立てていた方がよっぽど有意義だと思ってしまうんですよね。

ぶっちゃけ旅する理由なんて、それぞれがあって良いと思うし、理想の大きさも旅の規模も自分のなすがままやればいいと思うのです。

100日で終わろうが10年やろうが、世界に行こうがなんだっていいと思うのです。

誰に言われるまでもなく、旅の本質は行きたい場所も自由に決める、やりたいことも自由にやるそれでいいんじゃないかなぁと…

目の前にある物事はやる・やらないの2択だけであって、理由なんてどうだっていいと思うんだけどなぁ…

 

ただし解決策はない

 

とりあえず深呼吸しようか

ただ、残念なことにこの問題に関しての解決策はないです…

旅していて人間を全部無視するというのも逆に難しいですし、否定論者・自称評論家・識者かぶれみたいな人はどこ行ったっていますからね。

出会ったのが運の尽きと思って諦めましょう。

ただ、ある意味ではこのような事態もしょうがないのかなとも思います。

質問する側にも、される側にも言い分はあるし、宗教みたいなもんで、自分がこうだと信じることはなんでも正しくなっちゃう部分は誰にだってあると思います。

なので自分は、説教に対してやかましいとは思いますが、特別否定も肯定もしません。

どれだけ言われようとぶれない芯の強さがあればいいと思っているので、言うだけ言わせて終わり、響くものが仮にあれば拾っとくくらいのスタンスでいます。

まあ、自分の場合はそれで済んでしまうのですが、言われて嫌な気持ちになる旅人もいるでしょう。

そんな時は、それすらも金言だと思って自分に100%投資できる今を全力で楽しめばいいと思います。

何のために旅しているかなんて、自分のために決まっていますからね!

とそれっぽいことをつぶやいておきます(笑)

 

おわりに

 

完全に闇の面が出て愚痴っぽくなってしまいましたね。

このように、旅をしていると意外と良いことばかりではないんですよね。

ただ、もちろんいい出会いも少なからずあるし、質問してくれると嬉しいので、何とも難しいところですが…

うん。早く沖縄行きたいわ(笑)

本人はいたって元気なのでご心配なく






応援が励みになります!

1 個のコメント