【お月見】中秋の名月ということで月を鑑賞する




Pocket

風流な男になりたい。

どうもさせ(@hitori_Traveler)です。

せっかく四季のある国日本に生まれたからには、季節の行事を満喫しないのはもったいない。

という訳で、2017年10月4日は、中秋の名月いわゆる十五夜だったのでお月見をしました。

お月見ってなんか雅でしょ。それをたしなんじゃうとか風流でしょ。

それではどうぞ。

 

そもそもお月見って?

 

『お月見』読んで字のごとく月を鑑賞する行事なのですが、いったい何のためにするんでしょうか?

もともとは、旧暦の8月15日に行われていた中国の宮廷行事で、お供え物をして月を眺めることで秋の収穫を感謝する行事です。それが日本に伝わりお月見として広く伝わったとされています。

ざっくりいうと、お月見は旧暦の8月15日に秋の実りよありがとう会をやりましょうということです。

別名は十五夜とも言いますが、旧暦と今の暦とのズレの関係で15日に行われるわけではなく、毎年日にちは変わります。旧暦の8月15日に月を鑑賞するのでそこから十五夜と呼ばれているようです。

2017年は10月4日が中秋の名月ですが、100パーセントの満月ではないようです。(100パーセントの満月は10月6日)旧暦と月の満ち欠けのずれがあるので1日から2日ほどずれてしまうそうです。これはあまり知りたくなかったな(小声)

お月見をする理由はばっちり抑えたので、今度は月が出るまでに準備を済ませるとします。

 

準備する

 

家の付近にあるものを使って、お月見のお供え物を準備しようと思います。

なるべくローコストでお月見をやろうと思います。

ススキをとる

まずはススキを採取しましょう。

ススキをおそなえする理由は、月の神様を招く依り代(神様が憑依するためのもの)としての役割があります。

本来ならば稲穂をおそなえするのですが、この時期、稲穂は収穫されてしまっているので代用品としてススキを使用するそうです。

人も歩けばススキにあたる。

ススキなんて家の外に一歩でも出ればそこら中に生えとりますよ。それが田舎のスタンダードでしょ。

猫じゃらしと勘違いしたおばかさんがよりついてきましたが気にしない。

ものの数秒でススキの収穫完了です。

秋の収穫物

残りは秋に収穫できるものを揃えましょう。

この辺は畑に行けばそろってしまいます。こんなに準備が簡単でいいのだろうか。

10分ほどであつめたものがこちら

かぼちゃ・ナス・サツマイモ・ぶどう・りんご・かき以上の6種類です。うーん秋っぽい(語彙力)

たまたま家に転がっていたリンゴ以外は、全部自前で採れたものです。ありがとう田舎。

これらをその辺にたまたま転がっていた籠に盛り付けて完成です。

かぼちゃの存在感がえげつないですが、急ピッチで揃えたにしてはまあ上出来でしょう。

これで収穫系のお供え物は完成です。

 

月見団子を作る

 

おつぎは、お団子を作りましょう。

団子は月に見立ててまるく作ります。数は十五夜にちなんで15個です。日本人は昔から数字の言葉遊びが好きなんでしょうね。

団子は白玉粉で作ります。さすがにこれはなかったので買ってきました。田舎でもないものはない。

作り方はとても簡単。

ボウルに白玉粉と水を入れひたすらにこねます。

こねあがりは紙粘土のようです。これを一口大に丸めて沸騰したお湯の中へ

2.3分ゆでると団子が浮き上がってきます。

網ですくったものを冷水で冷やして完成です。

三宝(木でできた台)はなかったので、普通の器に盛り付けます。

これで月見団子も完成です。思ったよりもおいしそう。

後は飾りつけをしましょう。

月が見える位置に飾り付けを済ませました。

即席にしてはなかなか雰囲気あって悪くないと思います。

後は肝心のお月さまの登場を待ちましょう。

 

月見タイム

 

さあさあ、部屋も暗くして準備もばっちりです。

肝心のお月さまはどうでしょうか。

くもが多いですね・・・しっかり準備したらこんなもんですよ。

はっきりとは見えませんでしたが、かえって風情があっていいかもしれませんね。

かろうじて雲の隙間から見える時もありましたが、今年の十五夜は全体的に雲が多かったです。

これから毎年の行事にするつもりなので、一回目なので甘めの査定で上出来としておきたいと思います。

いつか雲一つない十五夜の月を見たいですね。

 

おわりに

 

世の中の喧騒から目を背けて月に思いをはせるのも悪くないですね。

ぼくは、喧騒から目を背けまくってますが・・・綺麗な月の前ではそれすら野暮というものです。

比較的簡単に準備できる十五夜。たまには、ゆっくり月を見てみるのもいいかもしれませんよ。

これからは、機会があれば季節ごとのいろんな行事をやっていきます。それでは、またー







応援が励みになります!